top of page

ハーフマラソン2時間をマラソン2時間半にする方法

更新日:2021年7月5日

ティラノ深澤です!

今宵は弊社代表の池上の記事よりお届けします。


まさに夢物語のようなタイトルがついていますが、実際これを達成するにはどういうプロセスが必要なのか。

ある方の実体験も交えて書かれていますので、ぜひ落ち着いてお読みください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



こんばんは、ウェルビーイング池上です!


 突然ですが、あなたは今長距離走やマラソンで夢だと感じられるような目標はあるでしょうか?今の自分からは想像も出来ないんだけれど、出来たら良いなというような目標があるでしょうか?


 私自身は長距離走、マラソンの醍醐味は他のスポーツと比べて伸びしろが大きいところだと思います。ここからは偏見も承知の上で書かせてください。ここでは分かりやすく100m走との対比で考えてみます。例えば、今の私の100m走のタイムを13秒台だと仮定しましょう。


 ここから私が努力をしたら、どこまで速くなるのでしょうか?恐らくいっても11秒台までだと思います。そうすると、100mで2秒の向上です。確かに100mで2秒というのはとても大きな進歩です。走ってる本人も見てる方もスピード感が全然違うのでしょう。


 でも、やっぱり100mで2秒しか変わらないのです。短距離選手には怒られるかもしれませんが、100mで2秒速くなっても見ている景色は変わりません。勿論、長距離走、マラソンも競技者は同じようなものです。例えば、5000mを走って、数秒の差を争っても見ている景色は何も変わらないのかもしれません。


 でも考えてみてください。私が中学校一年生の時、初めて走った1500mは5分53秒でした。この頃、一番長い距離を走ったのは6キロです。6キロ走るだけでも筋肉痛になりました。これが中学校1年生の秋には3キロで9分54秒のタイムを出すことが出来ました。距離が倍になったのにペースがはるかに速くなっています。


 ちなみに3キロを初めて走った時は10分42秒でした。興奮した牡牛のように先輩方についていって初めの一キロを3分8秒で入りました。ということは後の二キロは7分半ですから、まあ死にました(笑)もうきつくてきつくて(笑)


 それが、中学校二年生の時には9分半で走れるようになりました。そして、3年生になると、8分台が出ました。高校一年生になると、5000mで14分台が出ました。大学一回生になると10000mで29分台が出ました。大学二回生になると、ハーフマラソンで63分台が出ました。20キロは59分台です。


 残念ながら、マラソンではまだ2時間6分台が出せないのですが、長距離走の魅力はこうやって今まで自分では考えもつかなかったことが出来るようになっていくことだと思います。そもそも、中学生の頃は自分がマラソンを完走できるようになるとすら思っていませんでした。ハーフマラソンですら、走り切ること自体がきつかったです。とても、タイムを狙うような状態ではありません。


 ハーフマラソンに関して言えば、大学に入ったころはまだ完走自体がきつかったです。初めて走ったハーフマラソンでは後半は大失速しました。レースなのに呼吸は楽なんです。呼吸は楽なのに体は動かない、のどが渇いて一刻も早く辞めたいと思いました。洛南高校時代の先輩が沿道にいらっしゃったので、恥ずかしくないように走るのが精一杯でした。その日のレースが終わって三日くらいは夜中にのどが渇いて目が覚めたり、うなされたりしていました。


 それからわずか2年、私はただ走りきるだけではなく、川内優輝さんを相手に10キロから12キロを5分50秒まで上げて揺さぶれるだけの力がついていました。10000mにしてもそうです。中学校の時はレースじゃなくても、そもそも10キロを走るのがきつかったです。とてもじゃないですが、自分がレースとして10キロを走るということが想像できませんでした。


 それが、高校生になると一年目の全国高校駅伝では8キロ区間を走らせていただくことが出来、なんとかキロ3では走り切ることが出来ました。この辺りから10キロがイメージできるようになりました。


 大学になると、タイムを狙ってある程度初めから突っ込んでいっても「あっこれは無理だな」と思うと3分5秒くらいまで落として一回休んでから、後半もう一回上げて最終的に30分前半でまとめるということが出来るようになっていきました。優勝を狙う時は、400mごとに68秒と75秒を繰り返して揺さぶりをかけるなど、自由自在なレースが出来るようになっていきました。


 関西の大学生はレベルが低く、優勝争いに絡めたのも色々なレースパターンを経験する上で良かったのでしょう。関東の大学に行ったら、ただ走っていただけだと思います。