top of page

得手不得手をこう考える

 こんにちは、ウェルビーイング池上です。


 長距離走・マラソントレーニングには3つのアンチノミーがあり、その3つの中で調和を図っていくことが最適なトレーニングプログラムを立てるコツ(骨)になります。その3つのアンチノミーとは負荷と適応、質と量、一般性と特異性です。練習の負荷は高ければ高い方が良いです。但し、体がトレーニング刺激に適応するならばです。そして、練習の負荷が高ければ高いほど、体がトレーニング刺激に対して適応するチャンスは低くなります。


 このようにあちらが立てばこちらが立たずという関係になっているのが、アンチノミーです。練習の質と量も同じです。練習では「質より量が大切」とか「量より質が大切」と言い切ってしまう人がいるのですが、一体全体何を根拠に言っているのかなと思います。こういう分かりやすくキャッチーなコピーは「〇〇を飲めば3ヶ月で激やせ!」とか「〇〇を飲めば腹筋が割れる」などというサプリメントの誇大広告と変わりません。


 長距離走・マラソントレーニングはそんな単純なものではありません。複合的な観点を複合的に考える必要があります。質と量に対しても、ある人にとっては「質より量」だろうしある人にとっては「量より質」になるでしょう。


 イタリア人コーチのレナト・カノーヴァがこんなことを言っていました。


「私はクレイジーなコーチだ。二人の選手に60分をキロ3でいくように指示をする。でもどちらの選手もその練習をこなすだけの力はない。このケースでは、典型的なケニア人はとりあえずキロ3でいけるところまで行ってエネルギーが切れたところでストップする。なぜなら彼らにとっては質が大切だからだ。

一方で、典型的なヨーロッパの選手は1キロ3分20秒ペースで18キロを走る。なぜなら、彼らにとっては60分間走ることの方が重要だからだ」


 上記のようなケースでは、前者にはペースをもう少し落として長く走るトレーニングも取り入れることで調和が図れるでしょうし、後者はもっと距離を短くしてペースを上げる練習を取り入れることで調和が図れるでしょう。最終的にやろうとしていることは同じなのにアプローチの仕方は正反対になります。


 さて、もう一度書いておきますが、負荷と適応、質と量、一般性と特異性、この3つの中でアンチノミーを図ることが、長距離走・マラソンにおいては重要です。


 そして、ここにもし4つ目のアンチノミーを加えるとすれば、私は得手不得手の問題を持ってきます。はたして、ある選手を指導するときに得意を伸ばしてあげるべきなのか、苦手を克服するように手を差し伸べてあげるべきなのか、一体どちらが正しいアプローチなのでしょうか?あなたはどう考えますか?ちょっと心の中で考えてみてください。