top of page

敵はショートディスタンスにあり

こんにちは、ウェルビーイング池上です。


 年末にウェルビーイングマラソンを開催した折に、少し実家に帰っておりました。私の故郷は京都府亀岡市というところです。京都府に住む人間にとって京都というのは京都市のことであり、京都府のことではありません。その理由を私なりに考えてみたのですが、現在の京都府は行政区分上、無理矢理色々な国をくっつけたもので、人文地理的にも自然地理的にも京都とは違うからだと思います。


 私の故郷の亀岡市は京都駅から普通電車で30分のところにあります。京都市に入るだけであれば、嵯峨嵐山駅まで10分です。ところが、その間に山をいくつも超えます。しかも山を越えると気候が変わります。亀岡は霧の都とも言われ、冬場は深い霧に覆われます。晴れの日ほど霧が深く、200mトラックの反対側が霞んで見えるほどです。亀岡から京都に行く時、トンネルを越えると急に視界が開け、晴れ渡っています。


 また人文地理的にも亀岡はその昔は亀山藩という一つの藩でした。今でこそ、電車や車ですぐに京都まで行けますが、昔は険しい峠を越えていかなければいけなかった上に、亀山藩には亀山藩の城主がいた訳です。とてもじゃありませんが、亀岡は天皇陛下のお膝元とは言えません。その亀山藩主の中でも歴史に名を残したのが明智光秀です。明智光秀が本能寺の変の際に山を一つ越えて京都まで進軍したのですが、その山を越えていくのは私のお気に入りのコースの一つです。たった4キロで300m登るような急坂もあり、走るだけでそれなりに負荷がかかります。


 そして、何より私がそのコースが好きなのは美しい自然が見られるからです。



 余談ですが、亀岡は四方を山で囲まれている盆地で、別の山を越えると大阪の池田に出ます。大阪の池田は昔ダイエーの陸上部があったところで、中山竹通さんが亀岡に延々と坂が続くコースがあって、そこで脚づくりをしたとインタビューに答えておられます。


 さて、私も実家に帰った時にそのコースを走ってきました。猿の一群の中を駆け抜けていくような自然がそのまま残っているコースです。ちなみに私の子供の頃はまだ家の近くまでタヌキや猿が来ていました。今大阪ガスにいらっしゃる廣瀬大貴さんも私と同じ亀岡市出身なのですが、亀岡から来ているということもあって、当時の洛南高校陸上部顧問であった中島道雄先生から猿と呼ばれていました。「亀岡は猿ばっかりか」という中島先生の言葉は今でも覚えています(私は亀岡が田舎扱いされることに抵抗はありません)。


 ちなみに廣瀬さんは近畿インターハイのチャンピオンで、箱根駅伝は6区で区間新記録の区間2位、日本選手権1500m2位という洛南高校OBの中でも輝く実績を残しておられる方です。