top of page

『夏場のトレーニング論』に関するご質問と筆者の回答集

 7月も中旬に入り、晴れの日はセミが鳴いているなど、まさにこれから本格的な夏の音ぞれを感じる今日この頃ですね。


 そんな暑い夏を迎える少し前、6月下旬にリリースした電子書籍『夏場のトレーニング論』の読者様が250名を超えました。


 こうなってくると、書籍をお読みいただいたうえで色々なご質問などもいただけるようになってきます。ですので今回は、本書をお読みいただいた方からのご質問と、それに対する筆者の回答をまとめてお届けいたします。

 すでに『夏場のトレーニング論』をお読みくださっている方もまだお読みになられていない方も絶対に役立つ内容なので、最後までお読みください。

 それでは早速質問の方から紹介させて頂きます。

 


①Aさん(5000mのベストが18分44秒(10000mの通過)、10000m37分50秒、マラソン3時間3分)からのご質

「夏場はレペティション週1で実施していきたいと思います!

 そうなると、他の練習メニューのことも考えると200m10本や400m5本くらいと思うのですが、やはり少ないでしょうかね😅

 200m15本、400m10〜12本はこなした方が良いのかもしれないですが、疲労が残りそうで、、、

 今は、1週間のなかで200×10か400×5、1000×5か2000×3か5000、20〜30km走がメイン練習で、その他25km前後のジョグかLSD、10km程度のジョグを1か2回実施している感じでしたあと、本を見てると自分のペースが速すぎるのかな?とも感じていて、200mをキロ5でつなぐ場合は疾走区間39〜40秒、ゆっくりジョグの場合は34〜35秒くらいで実施してましたが、1kmのベストは3:20くらいかと思います。もう少しゆっくりでも良いのでしょうかね???

 池上さんの本を読んでいると、ボリュームは多いですが、レースペースより遅い練習がたくさんありますもんね!やはり組み合わせが大切なんでしょうね(^^)」 

 筆者の回答

「やっぱりそれはペースが速すぎるのではないでしょうか?

 そもそも200メートルを34-35秒で走れるのがびっくりですが😅

 それはそれで良いことですし、何も悪いことではないのですが、マラソンランナーにとっての基礎と考えると現在の5000メートルよりも速いペース、具体的には3000メートルのレースペースくらいに慣れて行くことが出来ればそれで充分ではないかと思います。

 そして、優先順位としてはそこからさらにペースを上げるよりは本数を増やす方が優先順位高いです。

 1500mをやるとなるとまた別ですが、川村さんの場合はもっとペース上げて本数を増やした方が良いと思いますよ。200メートル39-40秒でも充分すぎるくらい速いですし、42秒くらいでも全然練習の目的は果たしていますよ。

 逆に34-35秒の練習は5本程度にして、ジョグの後に補強として行うと効果的だと思います。使い方を変えるのがおすすめです。

 洋の東西問わず5000メートルからマラソンまで過去50年分くらいの一流選手のトレーニングを分析してきましたが、レースペース以上のペース対レースペースより遅いトレーニングの割合はおよそ95:5から90:10です。

 やっぱりレースペースよりも遅いペースの練習量を増やして土台を作ることが基本だと思いますよ(^^)」



②Bさんからのご質問