top of page

横山隆義という男がいる

 今回は〇〇という男(女)がいるシリーズです。前回のブログ記事「長距離走・マラソンが速くなるためのたった3つのポイント」という記事はもうご覧になられましたでしょうか?人気記事となっていますので、まだご覧になっていない方は下記のURLより必ずご覧ください。


 さて、「長距離走・マラソンが速くなるためのたった3つのポイント」という記事の中で高校一年生の頃の私は横山隆義先生の話を聞いて全身に力が漲り一人で鳥取中央育英高校の300mトラックを107周したという話を前回の記事で書きました。当時はまだ高校一年生です。もうグランドの電気も消されてしまって、先生方も帰ってしまい、教室から漏れてくるわずかな光を頼りに一人で黙々と走りました。先に練習を終えた三年生の内田和希さんだけが教室から見守ってくださっていて終わってから声をかけてくださったのを覚えています。


 少しこの合宿の説明をしておくと、この合宿は通常由良合宿と呼ばれ、洛南高校、出雲工業高校、鳥取中央育英高校、八頭高校、報徳学園高校らの生徒が鳥取中央育英高校の教室に寝泊まりし、シャワーは学校のプールのものをみんなで交代で使い、洗濯は学校の水道でやるというなかなかサバイバル感溢れる合宿です。今から思えば、こんな環境でも自炊しなくて良い分、ケニアでの合宿よりは良かったかもしれませんが、当時としてはなかなか新鮮な体験でした。


 洛南高校は同時に兵庫県での鉢伏で合宿をしており、希望者のみがこの由良合宿に参加します。由良合宿参加組は鉢伏合宿からこの由良合宿に合流するスケジュールで合計8泊9日の日程で毎年合宿をしていました。この由良合宿で午後練習の前にミーティングがあり、このミーティングで各校の先生方やユニバーシアードのハーフマラソンで銀メダルを獲得した津崎紀久代さん、「大阪マラソン日本人トップが福岡国際マラソンを振り返る」の記事の中で触れた岡本直己さんらOBさん、OGさんが色々な話をしてくださいました。ちなみにですが、岡本直己さんは「なに言ったら良いんですか?自分こういうの苦手っす」と全く言葉が出て来ずに緊張で膝がガクガクと震えておられました。大試合での落ち着いた走りとは印象的に、そんな可愛い一面もある方です。


 この合宿は二年ほど前の別府大分マラソンで日本人トップになった二岡康平君も鳥取中央育英高校の選手として参加していましたが、私は鳥取中央育英高校キャプテンの水野雄二君と仲良くなったため、二岡君とはほとんど話していません。


 この合宿の午後練習のミーティングで話していただいたのが、横山隆義先生です。洛南高校では一年生は誰よりも早くミーティングの場所に行って場所を取り、一番前で話を聞かないといけないという決まりがありました。そんなわけで、私が横山先生のちょうど真ん前で話を聞いていたのですが、横山先生は出てきていきなり私の方を指差してこうおっしゃいました。



「お前日本一になれるぞって言ったらどうだ?いやー私なんかと思うだろ?なれる、絶対なれる。やってやれないことはない。やらずにできるはずがない。俺がやらなー誰がやる、今やらんといつできるっちゃあなぁ。あのー1500m3分45秒でいいだけな。800mを2分ちょうど、ここまではだっでも(誰でも)いけるけえなぁ。1200mを3分ちょうど、これはえらい(筆者注 えらいは大変の意)。行くだ!いけれんっちゃなんだら思ったらいけれん。いく!っちゃなんだら思ったらいける。どがんしてもいったる。1200mを3分ちょうど!そこまでいきゃあ、あとはなんとかなるけえなぁ。1500m4分もかかったら芋だで。4分もかかるなあ、1500m。長距離が強くなるには前半飛ばして、中盤飛ばして、ラスト飛ばせば良い。これが長距離走。せこい奴もおるけえな。人の後ろについて行って最後だけピッと飛ばす奴。きったねえなぁ。そんなせこいことをするな!前半飛ばして、中盤飛ばして、ラスト飛ばす。

昔田子ってのがおってな。由良育英高校の田子選手、400mの通過52秒だで。400mの通過で400mが自己ベスト。自己新だ!おいっ!っちゃんだ言いながら600mを1分20秒、そこまでいきゃああとはもうどうでも良いって言ってあったけぇ、俺が。ええかぁ、600mを1分20秒だぞ!絶対来いよ1分20秒。あとはもう負けてもええから。負けても俺のせいだ。けど1分20秒で来んかったらこれだぞ(げんこつを見せながら)。

言った通りで、言われたことをやれば必ず上手くいく。インターハイ、インターハイなんか試合見とらんけえな。サブトラックにずっとおって、よしこれでよし、こういう風なレースせえよって言ったらあとは終わり。試合?試合なんか見んでも分かっとる。そのかわり言われた通りのレースをせえよ。言った通りで、言われたことをやれば、必ず上手くいく。あの、インターハイ34人だけな。一つの学校からインターハイ34人。試合なんか見とる暇あらへん。サブトラックにいて、ウォーミングアップをみて、それで終わり。」


「あの、オリンピックで金メダルって大したことないけえな。ずーっとキロ3でいきゃあオリンピックで金メダル取れる。どうせキロ3でよういかんけえな。森下広一っておったな。森下広一、オリンピックで銀メダルだで。オリンピックで銀メダルって大したことないで。森下広一はインターハイ三種目出て三種目共予選落ち。こっちは優勝。あのせこいだけな。(頭を指差して)ここを使ったら勝てる。三千障害のラストの300mで「おい、どうだい?」って聞いたらOKサインを出して「任せてください」って言うだけな。もう余裕の優勝。あのー、余裕のない奴もおるけえな。こっちが応援しとるのに、知らん顔して走るやつ。お父ちゃん、お母ちゃん、きとるけえ、手の一つも上げてやれ。「お父ちゃん、お母ちゃん、頑張っとーで」って言ったって!知らん顔して、愛想のない奴もおるけえな。そう言う選手は強くならんで」



 ざっと書いてみましたが、こんな調子で話が延々と続きます。ところどころ鳥取弁が強すぎて何を言っているのかわからないのですが、とにかく感動しました。ちなみにこんな強烈な横山先生の教員採用試験の話がまた面白かったです。


横山先生「私は日本一になりたいと思っております」

面接官「君は全国のレベルを知ってるのかね?」

横山先生「私は日本体育大学を出ておりますので、全国のレベルよう知っとります。だけどこれだけのレベルでも絶対に勝てる。同じことだから、同じ高校生だから、絶対に勝てる。俺を採用してくれ。日本一になりたいから俺を採用してくれ」

「こう言う具合に言ったら、面接官の奴ら笑っとったで。これをみてああ、鳥取県も大したことないな。この人らが教育委員会をやっとる間は鳥取県も大したことないなとそう言う具合に思っとった」



 横山先生はこの時の言葉通り、インターハイで総合優勝三連覇すると言う偉業を成し遂げます。ちなみに私たち洛南高校がわざわざ鳥取県まで合宿