top of page

マラソンシーズンが終わるこれからの時期にぜひ取り組んでほしいこと


 早いもので、3月ももう半ばに差し掛かっています。3月が終わったら一部のマラソンを除いて、フルマラソンのレースはほとんど開催されなくなります。

 

つまり、マラソンシーズンの終わりです。

 

 もし4月以降の時期にウルトラマラソンやトレイルランなど別種目に全力で取り組む、、というご予定がないのであれば、ぜひお勧めしたい戦略があります。それが、、

 

5000mの走力を高める

 

 ということです。これはもう、めっちゃくちゃにお勧めです。

 

 正直これをやるかやらないかで、次の秋以降のマラソンシーズンで他のランナーさんとの差がめちゃくちゃつきます。その理由は、、

 

5000mの走力がフルマラソンの走力における基礎スピードの力になるから

 

 なんとなく感覚的にもわかるかとは思いますが、5000mが速くなれば当然フルマラソンにおけるスピード的な余裕度も向上していきますよね。

  

 実際、フルマラソンでは5000mの全力タイム+1分30秒でそのまま走り切れたら、マラソン練習がうまくいっていると言えます。

 

 例えば大迫傑選手は、5000mは13分8秒、フルマラソンは2時間5分29秒です。フルマラソンの5kmあたりのペースは14分52秒ですね。