top of page

ランナーの大敵!「力み」が走りに与える影響と対処法を語る

 こんにちは、ティラノです。


 弊社ウェルビーイング代表である池上秀志は常々、長距離走・マラソンにおける「走り方」と言う点において最も重要なことは「リラックスすること」だと言っており、これに着いては私も心から共感しています。


 相当意識しないとわからないものですが、人間は普段の生活から常に何かしら余計な力が入っているようです。歯磨きをしているときや、ただ立っているだけのときでも、何かしらの力みが生じているのです。


 例えば、電車で座れずに立っている時を想像してください。あの時に腕に思いっきり力を入れてみたら、どうなるでしょうか。これは想像に容易く「めっちゃ疲れる」と思うんです。


 これは走る時にも全く同じことが起こっていて、走っている中で本来いらない余計な力をどこかしらに入れていると、余計にめちゃくちゃ疲れるんです。でも、実は多くのランナーが往々にして、余計な力を入れてしまっているんです。


 今回はそんな「力み」が走りに与える影響と、その対処法という点について、池上と対談形式の動画でお届けします。ぜひ下記よりご覧ください。




追伸

長距離走・マラソンがもっと速くなりたい方へ

現在メルマガ登録にて「詳説長距離走・マラソンが速くなるためのたった3つのポイント」という電子書籍(定価1000円)を無料でプレゼントしています。又、明日1月10日より先着100名さま限定で、こちらを書籍化した本を販売いたします。こちらについては2022年1月10日の20時にメルマガにてリリースいたしますので、こちらを希望される方も必ず下記よりメルマガ登録しておいてください。

閲覧数:84回0件のコメント