top of page

川内優輝に完勝した無名の国立大“帰宅部”ランナーを、7年越しに、直撃!

「実業団トップ選手の出場していない市民マラソンだし、当然、川内選手が1位で帰ってくるだろうと待ち構えていたら、見たことのない選手がぶっちぎりでゴール。会場中が『あれは誰?』とキョトンとしていました(笑)」(たまたま観戦していた本誌記者)


日本マラソン界にまたひとり、異色のホープが出現した。


『週刊プレイボーイ』より引用。


あの時は明らかにされなかった様々な事情を7年越しに本人に聞いてきました。あの時、彼は何を考えて、何をやって、そして7年たった今どこで何をしているのか?





帰宅部ランナーとして、日の丸を背負った川内選手に勝った池上氏。

選手としての池上秀志を、コーチとしての池上秀志が指導したという、まさにセルフコーチングの極意。


そんな池上氏のセルフコーチングの御業を、さらに一般ランナーレベルで再現できるよう、ウェルビーイング株式会社では講義動画として提供しています!




こちらのトレーニングプログラムビルダーは、自分に合った練習計画を立てられるようになることを目的とした集中講義です。最終的には、自分で自分のコーチングができるようになるた