top of page

サブ3の為の走技術


 マラソンサブ3=3時間切というのは、多くの市民ランナーにとっての憧れであり、また目標地点であるかと思います。


 実際、サブ3というのは家庭に仕事に奔走する市民ランナーにとってはかなりすごい数字で、マラソン完走者の中の3%程度しかいないとも言われている、一つの勲章であると思います。


 さて、このサブ3が間近な人はともかく、まだいまいちイメージが掴めないけれど、いつか達成してみたいよなぁ…という人も少なくないと思います。また、すでにサブ3目前まで来てはいるんだけど、何故かいつもギリギリ切れないんだよなぁ…と心が折れそうになっている方もおられると思います。


 今回はそういった方のお役に立てればと、サブ3するために大切な走り方(=走りの技術)のポイントについて解説していきます。


〜サブ3の走りとは?〜


まずは「サブ3」と聞いて、皆さんはどのような速さをイメージされますか?ここで、サブ3を分解して考えてみましょう。サブ3というと、5kmは21分15秒、1kmは4分15秒のペースです。

 このペースを聞いて、「速いなあ…」と思う方は要注意。そう思っている方は、サブ3ペースで走った時に何かしら余計な力が入ってしまっている可能性が高いです。


 実際に「頑張ってサブ3ペース」という感覚を持ってしまうと、極端な話、こういう走りになってしまいます。




 これは一見躍動感があって速そうには見える走りだとは思いますが、実は無駄の多い走りなんです。詳細は過去の動画で解説しているので割愛しますが、マラソンでサブ3を目指す上で、実はここまで大きな動きって必要ないんです。


 じゃあサブ3ペースで無駄のない動きって、どんなもんなの?と思いますよね。もちろん、見本をお見せいたします。それではご覧ください、これです↓