top of page

58歳からランニングを始め、59歳でサブ4達成!「ランニングは歳じゃない」を証明する実力派ランナーと対談【深堀り!ランナーさん#3】

更新日:2021年11月18日

 今回は深堀ランナーさん企画第三弾をお届けします。ウェルビーイングオンラインスクールの受講生様で、更にウェルビーイングオンラインスクールは内容の割に受講費が安すぎて申し訳ない!と年額プランにまでご登録いただいた道下秀樹さんです。


 道下さんとは鉢伏合宿で初めて直接お会いしました。道下さんは、この合宿にわざわざ横浜から遠路はるばるお越しくださったので、私が京都駅でピックアップして一緒に兵庫の山奥まで向かうという形になったのですが、京都駅のロータリーで道下さんを見た時に私は目を見張りました。その厚い胸板、美しい姿勢、そしてスッと筋が走る腕。。そう、道下さんの体はギチギチに絞ったワイヤーロープの如く絞り込まれ、均整の取れた筋肉に包まれていたのです。


 なんでも道下さんはフィジークというボディビル競技の一種にあたる競技をされているとのことでした。フィジークとは、ボディビルが筋肉量を競うのに対し、「夏の海にいたらかっこいいかどうか」という観点で、筋肉のバランスや量、そしてサーフパンツのデザインや髪型、表情などを総合的に競い合う「魅せる競技」です。実は私もマラソンで満足いくタイムが出せたら、フィジークに本格参戦しようと思っているくらい魅力的なスポーツです。


 そんな訳で、道下さんもかなりムキムキで、美しいお体をされていました。あとは柔和で人を包み込むような優しい笑顔と長嶋茂雄さんのような話し方が魅力の道下さんから詳しいお話をお伺いしてみましょう!





 道下秀樹さんも受講してくださったウェルビーイングオンラインスクールをまだ受講されていない方は今すぐこちらをクリックして、詳細をご確認ください。何故なら、そこにはあなたの想像を超える内容が詰まったコンテンツがあり、更にその先にあなたの想像を超えるあなた自身が待っているからです。



⭐︎追伸:もっと長距離走・マラソンが速くなりたいあなたへ⭐︎

現在、メルマガ登録で大阪マラソン日本人トップが書いた小冊子「警告!これを読まずに練習を続けないで!巷では絶対教えてくれない長距離・マラソンが速くなるたった3つのポイント」を無料でプレゼントしています。ぜひ、今すぐに下記URLよりお受け取りください。

↓↓↓

閲覧数:92回0件のコメント

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:32:18(2024)

bottom of page