top of page

忙しい中でもタイムを劇的に伸ばしたい市民ランナーのあなたに緊急案内!

更新日:2022年8月29日

 大阪マラソン日本人トップの池上秀志が、一生使えるセルフコーチングの知識を伝授します。


 あなたは今ランニングに関して質の高い学びを求めているでしょうか?もしそうでなければ、申し訳ありませんが今回はお役に立てないため、こちらで読むのをおやめになったほうが良いかもしれません。なにしろ私が今からあなたに紹介するのは、プロからトレーニングの組み方を学んでトレーニングを効率化し、自分で自分のコーチができるようになるというまさに一生モノの知識をお伝えする3時間分のセルフコーチングに関する講義動画なのですから。


 ちょっと思い返してみてください。あなたもこんな経験、ないですか?


 今月も仕事に追われ、忙しい毎日を送る日々。そんな中でもなんとか今月の走行距離は目標通り、自分の中では精一杯の努力をしたと自信を持って臨んだマラソン大会。当日蓋を開けてみると、想像していたタイムが出ない。自分の周りでは、多くのランナーたちがサブ3の記録が書かれた記録証を持って記念撮影する中、自分は記録証を隠すように会場を後にする。何かが間違っていると思い、練習方法を変えるも、この方向で合っているのか、そもそも問題はどこにあるのかわからない。暗闇の中で出口を探し当てるかのようなあの経験のことです。


 こういう状況において、「この薬を飲んだら全て解決!ハッピーハッピー!」みたいな特効薬はありませんが(逆にそんなものを見かけたらまず疑いますが)、とはいえ道しるべとなるようなガイドラインだけでもあれば随分時間を短縮できると思いませんか?


 自分の進むべき方向性が定まるだけでも成果が大きく変わってくると思いませんか?


 多くの方はこのような時に近くのランニングクラブに入ることを考えます。コーチやベテランランナーから教えてもらえるからです。ところが、実際には本当に陸上競技を教えられる人はほとんどいないのが現状です。これは単純な話で、本当に知識も経験もあって教えるのが上手い人は実業団の指導者になるからです。要するに、あなたが実業団に所属するか、プロのコーチを雇わない限り本物の情報に触れられることないというのが、この世界の現実なんですね。


 また本を読んだり、インターネットでブログを読んだり、YouTubeを見れば知識がつくと考える方もいると思いますが、残念ながら、これもそうではないです。本やブログ、またYouTubeは売上数や閲覧数が重視されるため、内容は出来るだけ軽く初心者向けでイラストを多く入れることが大切になります。書いてあるのはスピードトレーニングの前にウォーミングアップをしましょうなどの誰にでも当てはまる基本中の基本だけで、創意工夫を凝らして現状よりも上に行こうとするあなたにとっては、おそらくレベルが低いと感じる情報ばかりではないでしょうか?


 ここまでのところは大丈夫でしょうか?


 さて、そこで今回、暗闇の中であっても出口を探し当てるためのガイドラインを示せないかと思い、トレーニングの方向性を定め、自分で自分のコーチングができるようになるための動画3本で3時間の講義「トレーニングプログラムビルダー」をご用意しました。講義は3部構成になっており、1講義あたり約1時間、抽象的な概論から、具体的な実戦論まで体系的にトレーニングの組み方を解説しています。また、講義はオンライン形式でいつでもどこでもアクセス可能で、ご自身のペースで学習を進めていけるため、お忙しい市民ランナーの方にも受講しやすい形となっています。


 そこで今回、暗闇の中であっても出口を探し当てるためのガイドラインを示せないかと思い、トレーニングの方向性を定め、自分で自分のコーチングができるようになるための動画3本で3時間の講義「トレーニングプログラムビルダー」をご用意しました。講義は3部構成になっており、1講義あたり約1時間、抽象的な概論から、具体的な実戦論まで体系的にトレーニングの組み方を解説しています。また、講義はオンライン形式でいつでもどこでもアクセス可能で、ご自身のペースで学習を進めていけるため、お忙しい市民ランナーの方にも受講しやすい形となっています。


 また、本講義には講義動画だけではなく、トレーニングプログラムの作成をサポートするワークシートも付いております。実際に講義をご受講いただき、その後ワークシートに沿って内容を埋めていくことで、あなたにとってぴったりなトレーニングを組めるようになるというものです。


 本講義の講師は、弊社ウェルビーイング株式会社代表取締役の池上秀志が担当しています。池上は、筆者の高校時代の1学年上の先輩で、高校卒業後は京都の国立大学へ進学し、その後はプロランナーとして大阪マラソン2017日本人トップなど数々の実績を積んできている現役の実業家ランナーです。


 そして、このトレーニングプログラムビルダーの制作には、池上自身の過去が強く反映されています。話は高校時代まで遡りますが、実は池上も筆者も高校は京都の洛南高等学校というところの出身です。洛南高校といえば100mの桐生祥秀選手や、長距離では最近東京オリンピックの男子3000mSCで19歳ながら7位入賞を果たした三浦龍司選手や、現役生でも1500mの日本高校記録を樹立した佐藤圭汰君など、今や陸上最強高校みたいな感じになっていますが、我々がいたほんの8~9年前くらいまでは、全国には出るけれど入賞などはしないかなくらいのレベル感でした。


 そこで我々は3年間ともに切磋琢磨しており、特に池上は1年生の時からレギュラーを獲得し、3年連続で全国高校駅伝に出走しました。また筆者はとりわけ高校時代から池上とずっと一緒に過ごしていたのでよくわかるのですが、この池上は高校時代から京都の陸上界でも有名な「練習の虫」でした。本当に、トレーニングの鬼といえるほどに、チーム内でも誰よりも練習していたのは間違いなく池上でした。


 しかし、そんな池上でも、インターハイへの出場はできず、高校生の5000mのランキングで100傑に入れませんでした。本人曰く、これは相当ショックだったようでした。同時に彼はこんなことを言いました。「合同合宿などで全国の様々な強豪校とともに合宿もしてきて思ったけれど、みんな一様に努力は