top of page

ももクロマニアハーフマラソン結果報告


 昨日出場したももクロマニアハーフマラソン大会の結果報告です。

足底筋膜炎後初レースとなった昨日のハーフマラソン、気温31度湿度70%というコンディションの中で行われました。四年後の再会を果たした谷川真理さんとの事前インタビューではこのコンディションなら67分くらいが優勝タイムとの予想の谷川さんに対して65分で走って優勝すると強気な宣言をしましたが、結果は65分58秒で二位、優勝はピーター・ムワンギ選手で65分07秒でした。前半から無意味なペースの上げ下げをするピーター選手を無視して単独走、後半追いつく戦略を取り中盤は差が詰まった局面もありましたが、折り返し地点で差が詰まったことに気付いたピーター選手が再びペースを上げその後は全く対応できませんでした。

現状の力不足を痛感させられましたが、チャンスがもらえただけありがたいと思います。また次のチャンスに備えて準備をしたいと思います。デュッセルドルフマラソンの後過去の経験からレース復帰は順調に行って10月だと思っていましたが、かなり早く復帰することが出来ました。デュッセルドルフマラソン後は足底筋膜炎に関する文献を読み込み知識を増やすことが出来ました。そのおかげで足底筋膜炎からの回復がかなり早くなりました。スコトーマを外してくれたのは、足底筋膜炎という一時的な挫折のお陰です。今は足底筋膜炎に感謝しています。