top of page

ティラノとは何者??自己紹介しますね。

更新日:2月16日


 ウェルビーイング副社長のティラノこと深澤哲也と申します!この度は私のメルマガへご登録いただき、ありがとうございます。


 私のメルマガでは、長距離走・マラソンが速くなるためにお役に立てる情報を日々お届けしていきます。私自身もあなたと同じランナーとしてある目標に向かって毎日トレーニングに励み、そしてレースに何度も臨んでいます。そんな実体験も伴った声として、これから日々情報を発信していきたいと思っています。

 なのでこれからきっと長い付き合いになっていく(と私は望んでおります^^)ので、まずは私が何者なのかを知っていただきたいと思い、この記事を書いています。ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 私はティラノこと「深澤 哲也」という名前です。

1994年4月20日 神奈川県で生まれた私は、実家が転勤族だったため住まいを転々として幼少期を過ごしました。


 そして、小学校1年生の時に京都へ引っ越してきて、入学した小学校で自分自身に関する衝撃の事実を知りました。


 ....運動音痴だったのです。


 私は子供の頃から運動音痴で、運動会でもいつも下の方。小学校の時はサッカーをやっていましたが、万年補欠。両親からも「この子にはどうにか勉強ができるようになってもらわねば」と思われていたようです。


 しかし、そんな中私の人生を変えてくれたのはランニングでした。


 京都市には、「大文字駅伝」という冬の風物詩となる駅伝大会があります。これは、毎年京都市内の各区予選を勝ち抜いた小学校が集まって競い合う駅伝で、年末に行われる全国高校駅伝のコースと一部同じところを走るため、実は京都市民からすればなじみ深いものでした。またこれは地元のローカル局とはいえTV放映のある駅伝です。これに出ればもはや学校ではヒーローになれるといわんばかりの盛り上がりをみせていました。


 私の通っていた小学校は、さして長距離に力をいれているようなところではなく、毎年区内の予選で敗退するレベルの学校でした。陸上部がなかったので、全校生徒の中から希望制で走りたい人が集まって駅伝の練習をする、みたいな感じでした。


 そんな中私は駅伝練習への参加を自ら希望して、参加しました。なぜ参加したのかというと、これには二つの理由がありました。一つは、当時サッカーをやっていたので、サッカーのための体力づくりという目的。そしてもう一つ、こちらのほうが大きい理由でしたが、それは今でもTVでやっているバラエティ番組「オールスター感謝祭」の中の「赤坂ミニマラソン」という企画を、当時小6の私はたまたま見ていて、そこで元マラソン選手のエリック・ワイナイナ氏が、はるか先にスタートした芸人やタレントたちを根こそぎ抜かしていく姿に強烈にシビれ、「長距離選手ってかっこいぃいーー」と思い、それに触発されたということです。


 さらに私が箱根駅伝を初めて観たのもまたこの年でした。当時活躍していた早稲田大学の竹澤健介選手や、東海大学の佐藤悠基選手、順天堂大学の「初代山の神」今井正人選手らのかっこよさにもまたシビれ、私の長距離への熱は2秒で沸点を迎えました。


 その後奇跡が起こります。駅伝の時期が来て、初めての駅伝練習に行ったら、なんと私はいきなり学校内でダントツの1位になりました。万年運動音痴の私がスポーツで1位を取るなんてことは、あり得ないことでした。その年、私が区内予選で1区で区間新記録を樹立し、大文字駅伝は本戦に出場。本戦でも1区で区間上位に食い込み、地元のTVにガッツリ抜かれ、学校に帰ったらもうヒーロー扱い・・


 私はすっかり舞い上がって「これが俺の生きる道」と言わんばかりに、それまで3年ほどやっていたサッカーへの情熱は一瞬で消え去り、中学は絶対に陸上をやろうと決意します。