top of page

ウェルビーイングオンラインスクールの価格設定について


 みなさん、元気ですか!元気(=ウェルビーイング)があればなんでもできる、ウェルビーイング池上です!


 今回はウェルビーイングオンラインスクールの価格設定について、改めて詳細に価格設定の経緯を書かせてください。それはなぜかというとある方から「どうして7万円も安くなるんだ。怪しいぞ」というお声を頂いたからです。さらに詳しく話を聞いてみると、私は知らなかったのですが、どうも最近はやりの煽りマーケティングというものに該当するようです。私も軽く調べてみたのですが、確かに煽りマーケティングになっていました。


 さて、確かに外見上は煽りマーケティングそのものになっていますので、私もここは真摯に、誠実に価格設定の経緯をお話しさせていただこうという訳です。当たり前の話ですが、価格設定の裏側には私が「学び」というものに対してどういう考えを持っているのか、そして今後のウェルビーイング株式会社を経営していくにあたってのヴィジョンがあります。今回はそこまで深く掘り下げて説明責任を果たしたいと思いますので、お付き合いください。


 初めに書かせていただきますと、すでにメルマガ二本分で価格設定の経緯を書かせて頂いたのですが、あれは一部にすぎません。このブログを最後までお読みいただければ、お分りいただけると思うのですが、全て書けばメルマガで収まる分量ではありません。今回は幸いにも弁解の機会を頂きましたので、メルマガをすでにお読み頂いた方も最後までお読みいただけますと幸いです。



ウェルビーイングオンラインスクールの価格設定


 まずウェルビーイングオンラインスクールの価格設定を


そもそもどうするのかということですが、この世界に池上秀志という人間は一人しかいませんから、相場というのは外部には存在しません。では、内部で参考になるものがあるかと言いますと、私のズームコンサル費です。私のズームコンサル費は最近、予約が多く対応しきれなくなっているので、1時間1万円に引き上げさせて頂きました。その線からいくとウェルビーイングオンラインスクールの総再生時間は25時間を超えるので、最低でも25万円ということになります。


 ただ、この25万円という価格は受講生目線で考えたときに、やっぱりちょっと高すぎます。では、どこまで下げれば良いのかということですが、私が出した答えはクレジットカードの12回払いで月に1万円、24回払いなら月に5000円くらいになる99800円が妥当だろうということです。これなら、その気になれば誰でも受講可能です。どうしてもお金もないし、クレジットカードもないという方のために銀行振込での分割払いも受け付けています。銀行振込での分割払いをご希望の場合は、問い合わせページからご連絡ください。


 この99800円がなぜ妥当であるかというと、私の中にも根拠があります。それは私が超低所得者(年収100万円台)の時からン十万円するようなプログラムを借金してでも買って勉強してきたからです。だからこそ、私は志ある者は月々5000円から1万円くらいの支払いは出すということを知っているのです。


 第一、私は奨学金を借りて大学を出ているので、大学卒業時にすでに300万円の借金です。それを考えても私のオンライン講座が大学の授業に劣るとは思えません。大学と比べるとややアカデミズムには欠けますが、人生に与える影響は大学の授業よりも大きいと確信しています。とは言え、借金という言葉にネガティブなイメージを持っている人もいるでしょうから(実はそんなに悪いものではないのですが)、そういう方は毎月お月謝を納めるつもりで銀行振込での分割払いで受講してください。


 ではそもそも私はどうしてお金もない時から学びにかけるお金を惜しまなかったのでしょうか?ここからが大切な話なのですが、それは学びこそが人生最良の投資だからです。投資というと後々出した額以上のお金が返ってくると思われるかもしれませんが、そういう話ではないのです。勿論、そういう側面もあります。私自身も学びに欠けた以上のお金は稼いできました。でもそういう話ではなく、むしろお金には変えられない価値です。


 電子書籍や過去のブログにも書いていますが、大の大人がポルシェを買うのが夢とか、タワーマンションに住むのが夢と言っているのを聞くと少し寂しくなります。何故なら、そんなものはお金さえあれば買えるからです。勿論それが「ポルシェに乗れるくらい今の事業を成功させる」とか「タワーマンションに住めるくらいの金を稼げるように今の事業を成功させる」というのであれば、分ります。「事業の成功」もまたお金では買えないからです。


 ただこれもまた微妙な問題です。ある役割を世の中に果たしていく過程の中でお金を稼いだ人は一種の成功者だと思います。例えば、野球選手が野球を極めていく中で、お金を稼ぐのは成功と言えるでしょう。でも、大会社の社長の息子であれば、大した能力がなくてもお金が稼げてしまいます。また、その分野での能力と資本主義社会における金儲けの能力も全くの別物です。イチロー選手も100年早く生まれてたら、一般人です。また、京都に行けば、お金持ちとは言えない職人さんがたくさんいます。彼らは一個100万円もするような茶碗を作ります。「一個100万円もするのにどうしてお金持ちじゃないんだ」と思うのは職人の世界を知らない人です。本当に職人が世に出していいと思えるものは年に何個も作れるものではありません。そうういう意味ではマラソンも芸術の世界です。


 あなたは「少々出来が悪くても一個10万くらいで売れば良い」と思うかもしれません。でも、それを許さないのが職人の世界というものです。


 そういった観点から、ポルシェに乗るのが夢とかタワーマンションに住むのが夢と言っている人は、子供が「ミニカーが欲しい」「シルヴァニアファミリーの家が欲しい」と言っているのと本質的には差がありません。動かす金額が大きくなっただけのことです。子供はまだ抽象的な思考ができず、自己実現というものを理解することができないので、子供はそれで良いのです。ただ、大の大人がそう言っているのを聞くと少し寂しく思います(否定はしません)。