top of page

そのジョギング大丈夫?ジョギングの意味

更新日:2023年6月22日

 ただいま、LLLT(低出力レーザー療法)に関する連載をやっていますが、今回はジョギングというテーマで中休みをしてみたいと思います。あなたはジョギングという言葉の意味を考えたことはありますか?意外と考えたことがない人が多いのではないでしょうか?

 あなたは「いや、ジョギングはジョギングでしょ?」と思うかもしれませんが、ジョギングは人によって使い方が全然違います。これは日本語と英語の違いといっても良いかもしれません。

 あなたの周りにもジョギングにはトレーニング効果がないという人とジョギングが大切という人と二通りいないでしょうか?これは競技者レベルでも二通りいます。ではなぜ、ジョギングが大切という人と、ジョギングは無駄という人がいるのでしょうか?ちなみに私自身は色々なところで、ジョギングはトレーニング効果がないと言い続けています。ただ、実際には、ジョギングにはトレーニング効果がないというよりは、「もはやトレーニング効果がないほど、ゆっくり動く」のがジョギングというのが、私たちのトレーニンググループでの定義です。

 そして、私たちのトレーニンググループに限らず、英語、ドイツ語のジョギングというのはこの意味で使われます。だから、ジョギングにトレーニング効果があるのかないのか、という議論さえナンセンスな訳です。今まで色々な国の人とトレーニングに関するディスカッションを交わしてきました。パッと思いつくだけでも、アメリカ、ドイツ、ノルウェー、オーストリア、イタリア、ケニア、フランス、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、カナダといった国々の人達です。大抵は英語で話すのですが、例外なくジョギングというのはノロノロ走っているのが、ジョギングです。

 ところが、日本語でのジョギングは違う意味です。和製英語といっても良いのですが、ジョグとか言いながら、3:30/kmで走ることもあります。逆の言い方をすると、ここまでジョギングの範疇に入れてしまう訳です。チームによっては、60分走と60分ジョグのようにある程度速く走る日とゆっくり走る日で、言葉を分けたり、15kmジョグのように距離で示す時にはある程度速く、60分ジョグのように時間で示す場合にはゆっくりでも良いのように暗黙の了解があるチームもあります。

 あるいは同じ60分ジョグでも集団の時はだいたい4:00/kmくらい、各自ジョグの時はゆっくりでもOKのように暗黙の了解がある場合もあります。要するに、各チーム、用語の使い方や暗黙の了解が違うという訳です。こういった様々な状況の中でジョギングが大切とか、ジョギングはトレーニング効果がないと言っても、会話になっているようで実は会話が成立していない時が多々あります。この手の話を聞く時は話し手の文脈や背景によって適宜翻訳しながら、理解する必要があります。

 また、一言で一キロ5分ペースといってもそれが意味するところは全然違います。例えば、競技者であれば、一キロ5分ペースは例外なく、ジョギングに該当し、基本的にトレーニング効果はほとんどありません。ただし、これがマラソンで3時間半の人であれば、マラソンレースペースです。負荷の高いトレーニングに分類されてしまいます。5:45/kのペースでもレースペースより一キロあたり45秒遅いだけのペースですから、持久走やペース走に分類されるでしょう。

 とは言え、5:45/kはジョギングといえば、ジョギングと言えるような気もします。ただし、マラソンで3時間半切りを目指すような人にとって、このペースは大変価値のある、メインとなるべき練習なのです。このペースをジョギングと呼ぶなら、ジョギングにはトレーニング効果がないどころか、基本的にジョギングだけしておけば、速くなります。

 この辺りも各自の目標やフィットネスレベルに置き換えて考える必要があります。競技者もしばらく休養をとっていて、走っていなかった場合であれば、5:00/kのペースでも充分に良い練習になります。走るということ自体に体が慣れていない状態なので、とにかく外に出て走って、ちょっとずつでも体の機能を戻していく必要があります。競技者ですら、ジョギングはトレーニング効果がないとは一概には言えない訳です。

 更に言えば、厳密にここまではジョギングで、ここからはランニングと厳密に線引きできる訳でもありません。5:00/kと3:30/kは明らかに違いますが、じゃあ、4:20/kmはどうなんだとなるとかなり微妙なところです。疲労回復を目的としつつも有酸素刺激を若干加えるトレーニングと考えると、トレーニングなのかジョギングなのか、はっきりどちらかに分類することは難しいです。

 また、トレーニングの目的によっても変わってきます。インターバルからの疲労回復が目的の持久走であれば、4:00/kは立派な持久走になるでしょう。ところが、せっかく30km走をするのに4:00/kではペースが遅すぎます。私自身もある女子選手から40kmを4:00/kで引っ張って欲しいと頼まれたことがありますが、はっきりと断りました。長い距離を走るのに、そんなにゆっくり走るのはナンセンスに思えたからです。要するに、練習なのか、疲労回復を主眼に置いた練習なのか、どっちつかずの練習で中途半端だからです。

 トレーニングというのは鍛えるのと、回復させるのとその調和が絶妙に取れた時に上手くいきます。自分自身を振り返ってみても、上手くいかなかったレースでは大抵オーバートレーニングか故障が原因です。じゃあ結果が出た時は、楽な練習してたのかというとそんなことは一切ありません。時にはご飯も食べられなくなったり、便が血で染まるくらいの練習をして、それでも体が回復し、適応したから結果が出たのです。

 長距離走は、こうすれば良いと断言できるようなものは一つもありません。全体を俯瞰して、その時、その時で目的意識を明確にして、取り組むことが重要です。そのため、他人の話を聞く時は、常にその文脈や背景を意識しながら、聞く必要があります。


===


 実はこの記事は弊社で最も読まれている書籍『ランナーズバイブル』に収録されているうちの一話です。


 ランナーズバイブルは大阪マラソン2017日本人トップの池上秀志が2017年から2021年の1月までランニングに関するあれこれについてA4585ページ分(約ハリーポッター3冊分。幻冬舎による試算)にわたって書いた渾身の一冊がたった6000円です。 目次は以下の通りになっています。




目次
抗酸化と抗炎症とフリーラディカルについて6

健康的な油とそうでない油15

グリセッミクスインデックス18

LLLT (Low Level Laser Therapy)  21

日本的なあまりにも日本的なメンタリティとケニア的なメンタリティ26

アンチエイジング低 GI ココアケーキ  29

痛みと心の連関33

自信は過去ではなく未来から来る36

心理的盲点と先入観からの解放41

プラセボ効果―心はいかにして体に作用するのか?45

夢を心で現実に48

音楽瞑想50

潜在意識とは?54

ポテトの栄養と長距離ランナー60

ケニア人マラソン選手の生活―キンビアトレーニングキャンプから64

アキレス腱障害の種類と対処法70

スポーツに謙虚さはいらない73

ケニア人彼らは何故速いのか?ハングリー精神?77

アドルフ・アイヒマンと高い集中力を発揮するための自己責任の話82

ベリー 天然のサプリメント87

足底筋膜炎89

マラソンと自我91

瞑想とリカバリー96

反ストイシズムとやる気を引き出す方法99

書籍出版のご案内102

マラソンレース当日の朝食の意味106

努力をするとやる気をなくす方法110

マラソンと洗脳113

間違った減量法―カロリーと脂肪が少なければ少ないほど良いの間違い119

マラソントレーニングのアンチノミー122

スピード1、2、3 128

マラソントレーニングと情報場132

異なる観点から見た休養の重要性136

高地トレーニングの重要性と効果139

理想のランニングスタイル141 

故障との付き合い方143

マラソン界の洗脳148

数学好きのためのマラソントレーニング153

心肺機能にも超回復の考え方は適用されうるのか?156

睡眠と意志の力と減量159

ランナーが犯しがちな2つの過ち162

パイナップルの抗炎症能力165

もっとも健康的な飲料は何か?166

ナチュラルパワードリンク 緑茶169

若くして燃え尽きる選手がいる?171

ケトン食が故障を治す174

赤ワインは健康に良いのか?177

ストレッチの真実179

プロロセラピー181

慢性的な足底筋膜炎の治療法184

世界一くだらない方法で世界一重要なことを学ぶ方法189

持久系競技者と鉄分補給191

セルフエフィカシーとセルフエスティームの違い194

再生不良性貧血197

慢性的な痛みへの対処法200

慢性的な故障のメカニズム203

慢性的な痛みへの軟部組織へのアプローチ206

超音波と LLLT212

レバレッジ効果215

慢性的な痛みのためのサプリメント220

最強の抗酸化物質は何?223

ストレスマネジメント NRF1、NRF2 225

細胞とミトコンドリアとクエン酸回路の話230

迷ったら中山さんを目指せば良い237

ハーフマラソンを63分09秒で走った無名国立大学生の話243

GMO 地帯のゴッドハンド253

風雲の奇跡―ツキと運に関する考察260

レナト・カノーヴァから学ぶマラソントレーニング264

ブラッド・ハドソンから学ぶ長距離走トレーニング271

菊と靴279

マラソントレーニングにおける全体最適と部分最適285 

アーサー・リディアードから学ぶ選手と指導者の関係性291

アーサー・リディアードのトレーニングシステム298

遅いペースのインターバルで速くなる理由  307

球数制限とメタメッセージ311

慢性的な痛みの消し方315

ディーター・ホーゲン率いる多国籍軍324

長距離走・マラソンが速くなりたいあなたへ329

ウォール・ストリートの狼から学ぶ心理的テクニック338

前日刺激は何のためにある?344

LLLT のメカニズムとはどのようなものか?347

LLLT の効果その1脂肪燃焼効果353

LLLT の効果その 2 怪我の治癒促進354

LLLT の効果その 3 骨密度の増大355

LLLT の効果その 4 男性ホルモンの増大356

LLLT の効果その 5 認知機能の向上358

LLLT の効果その 6 鬱の緩和359

LLLT の効果その 7 ニキビの消失361

LLLT の効果その 8 鎮痛362

LLLT の効果その 9 育毛効果363

LLLT の効果その 10 関節炎の治癒促進365

LLLT に関するよくある質問366

長距離ランナーの鉄欠乏性貧血と対処法369

新庄剛志選手から学ぶスコトーマの学び方377

マラソンは何故年に二回がベストなのか?383

大久保絵里という女がいる387

大久保絵里という女がいる2 390

中村真悠子という女がいる393

腰高のフォームは本当に腰高のフォーム?396

上半身の力を使って走る方法399

ベストなセックスの頻度ってどのくらい?402

ポルノが貴方をダメにする405

体調管理の極意教えます409

結局ランニングって素質の問題?415

バターコーヒーの正体見たり EZ421

ケニアをケニアにした男=ブラザーコルム424

リザ・ハーナーさんから見たコーチカノーヴァのトレーニング429 

プロランナーの生活ってどんな感じ?ケニア編432

プロランナーの生活ってどんな感じ?ニュージーランド編 437

そのジョギング大丈夫?ジョギングの意味441

初めて月間 1000km の練習をして学んだこと444

実業団4社からの誘いを断り外国人コーチについた男の話449

これから結果を出す人のための自信の作り方454

9cm の差が分ける1流と2流の差458

平井健太郎という男がいる462

ファルトレクのすすめ464

福岡国際マラソンを大阪マラソン日本人トップが振り返る470

練習しても伸びない理由474

横山隆義という男がいる478

練習でできないことは試合でもできない?483

純粋トレーニング批判 492

私が防府読売マラソンで失敗した理由499

大阪マラソン日本人トップが教えるトレーニングのワンポイントアドバイ ス504

もしも池上秀志が治療器具を一つだけ選ぶなら509

敵はショートディスタンスにあり512

サブ3は簡単だ517

得手不得手をこう考える520

インターバルとレペティションの違いって何? 524

無念無想の境地とはどのようなものか?529

土門広という男がいる535

長距離走は伸び悩んでからが面白い541

最短最速で目標を達成したい貴方へ554

日本の木製頭から学ぶマラソントレーニング561

 

 お支払いはペイパルとクレジットカードからお選びいただけ、自動返信メールですぐにデータがお手元に届きます。銀行振り込みの場合は弊社の方で確認次第すぐにメールにてデータを送らせて頂きます。

 紙書籍版は50部限りの販売です。在庫は残り10部です(6月22日時点)。在庫切れになる前に、こちらをクリックしてお買い求めください。




筆者紹介 自己ベスト 3,000m 8:26.12 5,000m 14:20.20 10,000m 29:26.50 30km 1:31:53 ハーフマラソン 1:03:09 ​マラソン 2:13:41 主な実績 ・都道府県対抗男子駅伝区間賞 ・関西インカレ二冠 ・京都選手権優勝 ・近畿選手権優勝 ・谷川真理ハーフマラソン優勝 ・ハイテクハーフマラソン優勝 ・上尾ハーフマラソン優勝 ・グアムハーフマラソン優勝 ・全日本琵琶湖クロカン2位 ・ケアンズマラソン優勝 ・大阪マラソン2位




閲覧数:203回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:32:18(2024)

bottom of page