top of page

ディーター・ホーゲン率いる多国籍軍


今回は普段私がプロのマラソンランナーとしてどのように活動しているのか、我々のトレーニンググループについて書いてみたいと思います。

今我々のトレーニンググループにはフィリップ・バール、ヴァレンティン・プファイル、ファビアン・クラークソン、ヨハネス・モッチョマン、リザ・ハーナー、そして私の6選手がいます。コーチはディーター・ホーゲンでコーチホーゲンが他に指導する選手にオリバー・ホフマンさんがいます。

このうち、ヴァレンティンさんがオーストリア人で私が日本人、後は全員ドイツ人で使用言語はドイツ語です。私以外はドイツ語のネイティブスピーカーで、ファビアンさんは父親がイングランド人で同時に英語のネイティブスピーカー、ヨハネスとフィリップさん、ファビアンさんはアメリカの大学での留学経験があります。フィリップさんの奥さんのレギーナはアメリカ人でレギーナがいる時はグループ内でも英語で話されることもあります。

写真 左から私ヴァレンティン、ファビアン、フィリップ

リザ・ハーナーさんには双子の姉のアンナ・ハーナーというマラソンランナーがいるので、たまに顔をみることもあります。後はコーチの元教え子のウタ・ピッピヒさんという方がウエイトトレーニングのメニューを考えたり、ヨガを教えてくださったりすることもあります。

写真:リザ・ハーナーさんと著書の『Time to Run』にサインを頂きました。私がドイツ語を勉強する時の教科書にもさせてもらった本です。

フィリップさん、ファビアンさん、リザさんはベルリンマラソンを運営するSCCイベントという会社のSCC pro teamのメンバーでヨハネスも来年1月1日から正式にSCCプロチームの一員になります。私はキンビアマネジメントの一員でスポンサーはアミノサウルスです。キンビアマネジメントというのは1990年にトム・ラドクリフ、コーチホーゲンらで立ち上げた長距離ランナーのマネジメント団体で主にケニア人選手を指導していました。私がコーチホーゲンに初