top of page

ケニア人マラソン選手の生活―キンビアトレーニングキャンプから


1.ケニアの生活

 今日では、ロードレース、マラソン、トラックの1500mから10000mまで、ケニア人選手達によって牛耳られているのが現状ですが、彼らはどのような生活をしているのでしょうか。

 私は、去年2月からハノーファーマラソン3日前の4月6日まで、私のコーチであるディーター・ホーゲン氏が経営するキンビアトレーニングキャンプで生活していました。そのトレーニングキャンプにはコーチホーゲンの選手である。ドイツ人のオリバー・ホフマンさん、ケニア人のアラン・キプロノさん、そして去年までコーチホーゲンの選手だったスレイマン・シモトワさん、レイモンド・チョゲさんが一緒でした。

 スレイマンさんとレイモンドさんはもうコーチホーゲンの選手ではなかったのでお金を払って滞在していましたが、私とアランさん、オリバーさんの分はコーチホーゲンが払ってくださっていました。他には元コーチホーゲンの選手のラーニー・ルットさん、フランシスさん、フィレモン・チェボイさんが頻繁にキャンプに来ていました。中でもラーニーさんは練習も一緒で、自宅にいる時間よりもキャンプにいる時間の方が長かったです。一度ラーニーさんに「家に帰らなくて、奥さん怒らないんですか」と聞いたら、「俺の奥さんは俺の行動に文句なんて言わないよ」と言ってました。ケニアではまだまだ男尊女卑の文化が残っています。

 一方で、先輩方からこんなことも言われたことがあります。

 「ロードレースで活躍している選手の中で結婚してない選手がいるか?活躍している選手は皆奥さんが怖くて頑張ってるんだよ。成功した男の陰には必ず、怖い奥さんがいる。そして成功した女の影には必ず、泣いてる亭主がいる。亭主が稼いだ金で奥さんはビジネスやって、家では亭主が家事させられてんだよ。」

食事は自炊で、自分達で料理していました。朝は砂糖がたくさん入ったミルクティーとパン、昼はポテトと米、夜はマナグ、スクマウィキと呼ばれる葉物やキャベツとトマトを一緒に炭火で蒸すのに近い炒め方をして、トウモロコシの粉を水と一緒に加熱して固めたウガリというものと牛乳でした。ほとんど毎日同じ食べ物で、コーチホーゲンの指示で週二回はオリバーさんがレバーを買ってきて、調理していました。ウガリは本当にお腹いっぱいになる食べ物で、少量でも十分です。よくケニア人に強さの秘密を聞くと冗談で、ウガリと答えますが、本当に長距離選手には適した食べ物だと思います。

 加熱は炭火かガスクッカーというカセットコンロの巨大版のようなものを使っていました。ガスクッカーは弱火で調理が出来ないので弱火の調理をするときは炭火を使います。炭火を起こしたことがある人はどのくらいいますか。恥ずかしながら、私は初めは上手く火がつけられませんでした。枯れ草を集めて炭の下に引いてマッチで火をつけるだけのことなのですが、風で火がつかなかったり枯れ草に上手く引火しなかったり、引火してもすぐに消えたりといった感じでした。慣れれば大変でもないのですが、練習が終わった後、火を起こすところから始めないといけないので、日本に帰ってひねるだけで火がついて弱火にも強火にもできるガスコンロは便利だなと思いました。

 洗濯は各自自分でたらいに水をためてやっていました。面倒くさいときはまとめて近くに住む女性に頼んだりもしていました。一回400シリング(85シリング=約100円)くらいでやってくれるので、2,3人分頼んで、割り勘する形をとっていました。私は基本的に自分で洗濯していたのですが、アランさんに見つかるといつも「池上、それ大変やろ」と言って手で洗濯ものをこすり合わせるジェスチャーをいつもやっていたものです。因みに、ルームメートのオリバーさんは全く洗濯しない人で使ったトレーニングウェアを部屋のロープにかけて乾かして使うという強者。でも空気が乾燥しているので全く臭くありませんでした。練習後のシャワーも赤土で汚れさえしなければ、浴びなくても不快ではないです。

 ケニアはものすごく乾燥しているので、赤土が前を走っている選手や車で舞い上がり、走っていると結構な量吸い込んでしまいます。大量に吸ってしまうとのどや鼻を痛めてしまいますし、最悪お腹を壊します。コーチホーゲンには集団