top of page

スロージョグの劇的効果に迫る

更新日:2021年7月9日

陸上競技、ひいてはランニングというスポーツにおける「基礎」とは、下記のふたつしかありません。


・レースより長い距離をレースよりゆっくりと走る


・レースより短い距離をレースより速く走る


これらが陸上競技の中の最も基礎基本となります。



私の公式LINEにご登録いただいている方で、かつ最初にお渡しした限定動画「長距離走・マラソンが速くなるためのたった3つのポイント」をご覧いただいた方はすでにご承知のことと思いますが、ランニングのトレーニングで重要な要素は、ある3つのアンチノミー(対になる二つの事柄)の調和を図ることです。


簡単に言うと、


・質と量

・負荷と適応

・一般性と特異性


これら3つそれぞれ対となることがある中、その調和をいかにしてとっていけるかということが非常に重要になります。


そして、その中でも3つ目の「一般性と特異性」ですが、この中でも一般性とはいわゆる「基礎」の部分です。そして特異性とは「実戦」です。これらのことについては、わからない方はぜひLINEにご登録いただき、限定動画をご覧いただくか、もしくは私の無料セミナーへお越しください。



さて話を戻しますと、この一般性と特異性を考えるうえで、基本的にはまずは一般性の高いトレーニング(=基礎的なトレーニング)を積んだうえで、次に特異性の高いトレーニング(=実戦的なトレーニング)へと移行していくというのが、長距離が速くなるためには重要なのですが、その基礎的な鍛錬を積もうにも、それができる身体がなくては話にならないわけです。


そこで私がおすすめとして提唱したいのが、「スロージョグ」。

正直な話、スロージョグには残念ながらトレーニング効果はあまりないです。ですが、良いトレーニングを積めるようになるための土台作りとしては、非常に良い効果が期待できるものと思っています。


こうした前提を踏まえて、下記の動画をご覧いただけると、また新たなジョグへの見方ができるのではないでしょうか。




ぜひ、明日からのランニングにお役立てください!


追伸:

ウェルビーイング株式会社 代表取締役 

池上秀志の著書「ランナーズバイブル」好評発売中です。


池上氏のプロ経験がぎっしり詰まったこの書籍、すでに数百人のランナーが愛読中!

1冊約550ページでたったの500円。1ランナーに1冊どうぞ!!

本ブログ特別クーポン:おこしやすティラノ

 ※上記の単語をクーポンコード入力欄にご入力ください。

追伸

まだウェルビーイングオンラインスクールに入校されていない方へ

 ウェルビーイングオンラインスクールは大阪マラソン日本人トップの池上秀志、インカレ10000m日本人トップでTBSの消えた天才にも取り上げられた京大生平井健太郎、東京マラソン日本人トップの大久保絵里、インカ