top of page

ウェルビーイングライオンズ結成!!

 こんにちは、池上です。だいぶ秋も深まってきて、食べ物も美味しく、1ヶ月前までの酷暑が信じられないような過ごしやすい気候になってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


 さて、私はと言えば、現在まだ出場できるかどうかも分からない防府読売マラソンに向けてトレーニングしています。今でも私は二十歳の頃からのコーチDieter HogenのKimbiaマネジメントのもとトレーニングを続けていますが、日本陸連への登録としては、ウェルビーイングライオンズというチーム名での登録となりました。


 以前もどこかで書いたのですが、将来的には自分のチームを作りたいという夢があります。引退してからの予定でしたが、思いがけず自分が選手第一号となりました。


 チーム名は会社が埼玉の東武東上線沿いにあるので、「埼玉東部ライオンズ」にしようかなと思ったのですが、さすがに西武ライオンズファンに怒られるかなと思い、ウェルビーイングライオンズにしました。


 ウェルビーイング株式会社は、オンライン上に日本一の学び場を作った会社です。ライオンは百獣の王と言われるうように、矜持の象徴です。一人一人が矜持を持って有益な情報発信ができる会社にしたいという意味を込めて、ライオンズというチーム名にしました。


 現在チームにはレオというライオンもケニアから連れてきています。サイトを覗いていただけるとのしのしと歩いていますので、ぜひレオを探してください。レオは私がケニアで合宿していた時に、お互い一人ぼっちで見渡す限り平原のところで、たそがれていた時に、意気投合して連れて帰ってきました。イテンとエルドレットという町の真ん中あたりにモイベンロードという距離走をするコースがあるのですが、そこが彼との出会いの地です。レオはそこでシマウマを食べていたので、それが残酷だと思った私はレオを日本に連れて帰って着て、牛乳と卵で育てています。


チームカラー

 ウェルビーイングライオンズのチームカラーは、赤です。赤は戦う色です。情熱の色です。あなたも燃えるような情熱を持って一緒に走りませんか?


 ちなみにですが、赤い色のTシャツは男女ともに異性を惹きつける色でもあります。色々な実験で確かめられているのですが、赤色のTシャツは1割から3割増しくらいで魅力的に見えるようです。みんなでモテるチームを作りましょう笑


 冗談半分、本気半分ですが、走るとアンチエイジング効果もあり、引き締まった体になり、肌も綺麗になるので、モテるというのは本当です。コロナで大会がなく、モチベーションが下がっている方は、そんなこともモチベーションに頑張っていきましょう。


 さて、この機会にチームTシャツを作りました。デザインは下記のファイルからご覧ください。ユニフォームのファイルも貼らせて頂きます。戦えそうな色でファイトが湧いてくるTシャツです。背中の「克己」という言葉は己に克つ、自分に勝つという意味の言葉です。どんな苦境にも負けない、不運や病に見舞われても強く、前向きに、投げ出したくなる自分に勝つ、そんな意味の言葉です。


ウェルビーイングTシャツ
.pdf
ダウンロード:PDF • 242KB

ウェルビーイングライオンズユニフォーム
.pdf
ダウンロード:PDF • 283KB


 価格は税抜きで5600円で、正直Tシャツにしては高いです。この価格は私が決めた価格ではなく、メーカーさんのそのままの価格です。まあ、でもこの機会に願掛けをしてせっかくなので、Tシャツに願いを込めて、自分の目標が達成できるまで「克己心」を持って、燃えるような情熱を持って前に進めますようにという願いを込めて買おうと思っています。自分もこのTシャツを着たいという方は是非下記のURLからご連絡ください。


 また、10月4日までにコンテンツを購入された方にはTシャツを無料でプレゼント致します。今のオススメは「インカレチャンピオンから学ぶ走り方の極意」です。コンテンツを購入後下記のURLよりTシャツ希望の旨ご連絡ください。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:36:14(2024)

bottom of page