top of page

8か月かけて完成させました。





こんばんは!  近々ライオンズLLLTの新商品を出すという話をメルマガでさせて頂いたのですが、覚えて頂いていますでしょうか?  そもそもの話をすると、新しいライオンズLLLTの作成は約8か月前に工場を訪ねて工場長に直談判してきたのが始まりです。  内容は単純で、耐久性の向上ともう少し照射範囲を広げられないかということでした。  照射範囲は絞れば絞るほど、エネルギー量は大きくなり、単位照射面積当たりの治療効果は高まります。  一方で、照射範囲が広がれば広がるほど、一度にアプローチできる細胞の量が増えるので自然治癒力も高まりやすく、治療効果や疲労の回復促進効果が高まります。  これは一長一短あり、どちらが良いとは必ずしも言えないのですが、1局所的な痛みであってもなるべく多くの細胞に照射した方が治療効果が高まること、2そもそもお忙しい中で、使用される方が多いので、全身満遍なく当てている時間がない方が多いこと、3練習からの疲労回復促進で使う方が多いこと、4過去に中国製の安物LLLTを使ったことがあるが、それでも効果は感じられたので、ライオンズLLLTならもう少し照射範囲を広げても大丈夫ではないかと思った、の4点の理由から従来の上下15度左右15度から上下15度左右60度にモデルチェンジをしました。  そして、試作を重ねて、最終的に私の方で問題がないことを確認して、8カ月かけて完成させました。  おそらく8か月前のメルマガの内容なんて覚えていない方、そもそも当時はまだメルマガ読者様ではなかった方がほとんどだと思いますので、もう一度8か月前のメルマガをそのまま送らせて頂きます。  疲労の回復を促進したい方やガンの方、故障を抱えている方は必ずお読みください。  インスタグラムをご覧いただいた方もいらっしゃるかと思うのですが、実は関東の方に出張にいっておりまして、東京オリンピック50キロ競歩日本代表の丸尾知司さんも愛用のライオンズLLLTの工場に足を運んでおりました。  LLLTという言葉にまだなじみがない方もいらっしゃると思いますので、簡単に紹介と私がLLLTを使うようになったきっかけを紹介させて頂きたいと思います。  LLLTはLow Laser Level Therapyの略で私が勝手に低出力光線療法と訳しております。レーザー治療器だと思っていただけると分かりやすいと思います。  長距離選手というのは、多かれ少なかれ故障との闘いです。故障がなければ、もっと練習できるわけですが、誰しも故障の壁があるので、練習は上手く自分の限界を見極めながらその限界を広げていかないといけません。  ただ、高校駅伝、箱根駅伝、実業団のレースなどはそもそも出場するだけでも困難ですし、更に出場する人たちの中で順位がついていく訳です。そこで闘うというのは並大抵のことではありません。  故障を覚悟で練習しなければいけないことも多々ありますし、実際に故障者が頻発します。私もそんな一人で、現役時代から今までどこも痛くないということはほとんどありませんでした。文字通り、体がボロボロになるまでやったと思います。  ただ、別にそれはマゾだからやる訳ではなくて、結果を出すためにやるのです。故障したくて故障する人なんて一人もいません。  ですから、各チーム、各選手ありとあらゆる方法で故障を避ける方法を考えるのです。  やり方は色々ありますし、トレーニングそのものを見直すことも当然なのですが、良い治療院を見つけてきて通ったり、合宿に治療家の先生に帯同してもらったり、セルフケアのやり方を教えたり、酸素カプセルや超音波などの治療器具をそろえたり、あの手この手を使います。  私は個人規模ですし、お金も全然持っていなかったので、その範囲内で色々と試してきました。安価なもので使えるものはマッサージローションやフォームローラー、ソフトボール、青竹などです。  もう少し高いとマッサージガンとか安物の超音波治療器でしょうか。  これらの器具の特徴は筋肉をほぐすことです。  ただ、私はそれだけではなくて、炎症反応をおさえたり、細胞レベルで治癒過程を促進してくれるものはないかなと思っていました。  そんなときに私のコーチが教えてくれたのはLLLTが現存する治療器具の中で最も深い組織にまで到達し、治癒過程を促進してくれるということでした。  調べてみると、オレゴンプロジェクトやリオ・デ・ジャネイロオリンピックドイツマラソン代表のハーナー姉妹も使っていました。  メカニズムとしては、細胞の中にあるミトコンドリアという器官の中にあるシトクロムCという酵素に吸収されることで、細胞が活性化し、自然治癒力が高まり、またそのことによって慢性的な炎症反応や酸化ストレスによる負の連鎖をおさえ悪化や痛みを抑えてくれるのです。 実験結果では下記のような効果が確認されています。 ・あらゆるケガからの治癒過程の促進 ・疲労回復の促進 ・筋肉痛の緩和 ・鎮痛 ・睡眠の質の向上 ・鬱の緩和 ・育毛 ・ニキビやあばたの消失 ・ガン治療 ・テストステロンの向上 ・脂肪燃焼 などなど、上記は一部です。  それで、2017年からLLLTを使い始めたのですが、その頃は日本では入手困難で、ベラルーシから輸入しました。  10センチほどのガラス管がついたレーザータイプのもので、効果は感じられましたが、照射範囲がマジックペンの先っちょくらいしかないのが短所でした。  次に使ったのが、中国製のLEDタイプのもので照射範囲が広いのですが、パワーが低く、効果は感じられましたが、理想を言えばもう少し強いパワーが欲しいというところでした。  また、この二つの機械は650nmと850nmの波長しかありません。研究結果では、故障の治療に使うのであれば、600nmから1000nmが望ましいとされており、何故かその中でも700nm-770nmくらいの波長は治療効果がないそうです。  波長が違うと到達できる組織の深さが違うので、なるべく多様な波長が欲しいのです。そうすると、650nm,850nmのほかに950nmの波長も欲しい訳です。  また日本国内で製造しているものがないので、日本で作ってくれるところが欲しかったです。そうすると、意見交換もしやすく何かあった時の修理対応もお願いできます。  これらの問題を全て解決して、作っていただいたのがライオンズLLLTです。650nm, 850nm, 950nmの3種類の波長を使い、照射面積を広くしながらも、集光レンズを使い焦点を絞っているので単位面積当たりのエネルギー量=光子の数=パワーは大きくなっています。  ライオンズLLLTは1台、1台職人さんが手作りで作ってくださっています。








 こちらが専用の鋳型に流し込んで作ったライオンズLLLTのボディの部分です。





LLLTを使用されている方から最も出てくるクレーム?は「故障していて光がつかない」というものですが、これは故障ではなくて、850nmと950nmの波長の光は人間の目には見えないのです。  ですが、スマホで撮影すると850nmの光は見えます。下の写真はテストとして850nmと950nmの光だけを点灯させています。





 この写真では、950nmの光がほとんど見えないのですが、下の写真では950nmの光もかろうじてご確認いただけるかと思います。わずかに見える紫っぽい光です。明らかに点灯しているのが850nmでその下が950nmです。





 目には見えないけれど、ちゃんとエネルギーとしてはあるのがこのLLLTです。ちなみに、650nmの波長は人間の目には赤色の光として認識されます。  この赤色の光を出すLEDは日本の市場に出回っています。  しかし、850nmと950nmのものはほとんどありません。  特に950nmのものはないので、特注品で作っていただいた940nmのものを更に工場のほうで加工を加えて950nmにしています。  ライオンズLLLTのサイズはせいぜい大きめの本一冊くらいですが、エネルギー量は高く、温度がどんどん上がってしまうので、そうならないようにアルミ板を使って、アルミ板に熱を吸収させ、さらにボディをギザギザにすることによって熱が逃げやすいようにしています。  したがって、使用中のライオンズLLLTに触れても熱はほとんど感じません。






 このアルミの板に順番に光源をつけていき、そのままでは使えないから下の変換器を使います。




基盤がこちら




 そして、パワーを強めるための集光レンズを取り付けます




 下の写真が製作を担当してくださっている岡田さんです。岡田さんは日立製作所の高校(日立工業専修学校かな?)に入るとそこからずっと機械一筋だそうです。  なんでもきっかけは都会に出たいというそれだけだったそうです。  でも、そこからずっと機械一筋なので、高校入学からずっとランニング一筋の私の機械版のような方だと思っていただけると分かりやすいかと思います。






 最後にこれだけは言わせてください。  もしも、あなたが痛みや度重なる故障にお悩みでしたら、あるいはガンに苦しんでいるようでしたら、絶対に使ってみてください。  LLLTは本当に私が何度も何度も故障し、超音波治療器や低周波治療、その他電気パルスなどの王道のものからプロロジェル、ケニアンマッサージ、植物由来の抗炎症作用を持つ物質を自分で調合し自分で注射するという離れ業(イカレ技?)までありとあらゆるものを試した私が試した中で、私はこれに改良を加えて新しいものを作ってみようと思えた今のところ唯一の製品です。  まだLLLTの詳細を解説した無料の小冊子『詳説LLLT』をお読みでない方は、今すぐこちらの問い合わせフォームより『詳説LLLT』とご記入して、ご送信ください。副社長の深澤が確認次第PDFファイルをお送りさせて頂きます。  という訳で、明日の午後7時に10台限定でリリース致します。明日の午後8時を楽しみにお待ちください。  価格は一台99800円で、修理保証あり、万が一壊れた場合はいつでも無料で修理対応致します。





ウェルビーイング株式会社代表取締役 池上秀志

副社長

深澤哲也

閲覧数:153回0件のコメント

関連記事

すべて表示

ハーフマラソンが速くなるための5つの運動生理学的観点

突然ですが、あなたはハーフマラソンが速くなりたいと思っておられますでしょうか? 私が聴きたいのは「ハーフマラソンを完走したいのか」それとも「ハーフマラソンが速くなりたいのか」ということです。もしも、後者であるならば私と立場を一にします。ハーフマラソンという距離は距離に対する不安が顕著になる一番短い距離だと思います。 どういうことかといいますと、10000mや10キロのレースまでは練習で非常にコンス

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:36:14(2024)

bottom of page