top of page

ベリー 天然のサプリメント


アンチエイジング、美肌、呼吸循環器系の疾患、ガンの予防、関節炎の予防と治癒の促進、視力低下の予防など様々な効果があるベリー類ですが、日本語においてはベリーという言葉を使わないので、ブルーベリー以外にも様々な種類があることはあまり認知されていないのではないでしょうか。

ベリー類にはイチゴ、ブルーベリー、アサイベリー、クコの実(ゴジベリー)、黒イチゴ(ブラックベリー)、キイチゴ(ラズベリー)、スグリの実などがあります。これらベリー類がもたらす健康へのメリットは主にアントシアニンという微量栄養素からもたらされます。アントシアニンはわかさ生活のCMでご存知の方も多いかと思いますが、化学的にはポリフェノールの中のフラボノイドの中の一種です。ポリフェノールは他に緑茶やブラックチョコレートに多く含まれており、抗酸化作用や抗炎症作用を持ちます。

以前の記事でも紹介しましたが、抗酸化作用の指標としてORAC(oxidative radical absorbance capacity)というものがあります。このORACを見ていただいてもベリー類が上位を独占していることがお分かりいただけると思います。

(出典:『Warum Papaya kühlt und Zucker heiß macht』 Michaela Döll著         100グラム当たりのORAC

果物

クコの実   10000から30000

アサイベリー 5500以上

ザクロ    5000以上

レーズン 2800

ブルーベリー 2400

イチゴ   1550

オレンジ 750

チェリー 680

野菜

キャベツ 1700

ニンニク  1600

ブロッコリー 900

レッドビート 900

玉ねぎ  450

とうもろこし 400

 また抗炎症作用に関して言えば、炎症促進物質であるNF-kappa B、TNF-alpha、特定のインターロイキンを抑える働きがあります。呼吸循環器系の疾患やガンは低度で慢性的な炎症によって引き起こされるので、これらの疾患を予防したり治癒を促進する効果があります。抗炎症作用、抗酸化作用の観点からのみではなく、遺伝子の発現を正常化するという効果からも上記の疾患を防いでくれます。

認知症、アルツハイマー及び脳の老化の防止

 アントシアニンは神経の衰えの防止にも効果があり、アルツハイマーや認知症の予防にも効果があります。2010年の春にアメリカのシンシナティ大学が9人の70代の被験者を対象に、毎日コップ二杯半の野生のブルーベリージュースを12週間摂取し続けたグループとプラセボ群に分けて実施した研究1では、ブルーベリージュースを摂取し続けたグループにおいて有意に記憶力の向上が見られました。

胃腸薬としてのベリー

 イチゴとキイチゴに含まれるタニンという物質はサルモネア、スタフィロコッケン、ヘリコバクター及びバチルスなどの病原菌から胃腸を守ってくれます。ある研究2はエシェリキア、クロストリディウム、カンピロバクターといった種類のバクテリアの成長を抑制するということを示しました。

関節炎への効果

 25000人を対象にしたクコの実に含まれる色素であるベータクリプトキサンティンとカロチノイド色素の一種であるツェアキシアンティンと関節炎の関連性を調べた研究(EPIC研究)では、関節炎に悩む人たちはベータクリプトキサンティンの摂取量が40%、ツェアキシアンティンの摂取量が20%、健康な関節を持つ人たちよりも少なかったのです。ここからこれらの物質が関節炎の予防に効果的であるという結論が導かれましたが、これは先述したようにNF-Kappa B、TNF-alpha及び特定のインターロイキンらの炎症促進物質を抑制するからであると考えられます。

質問や感想、各種お問い合わせは下記のリンクをクリックしてください。

メルマガで最新の情報やお得な情報をお届けしています。メルマガ登録は下記のリンクをクリックしてください。


閲覧数:2回0件のコメント

ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:36:14(2024)

bottom of page