top of page

女性サブ3ランナーに聞く!サブ3達成できた要因とブランク明けに重要なことは?


 私のYouTubeチャンネル「らんラボ!」では、鉢伏合宿のご参加の方からご希望の方にご出演していただき、『深掘り!ランナーさん』という企画を不定期で実施してますが、これには毎回個性豊かなランナーさんがお越しいただいています。


 そして、今回もまた、かなり個性的で、アグレッシブで、最高にクールなランナーさんがお越しくださいました。


 今回のゲストランナー様は、児玉 愛さんです。この児玉さんは、実はかつてフルタイムで働きながらサブ3を達成されており、かなりの実力派ランナーでもあります。ただ、この児玉さんの真の凄さは、サブ3を達成できるその走力もさることながら、その走力を支えているであろうあくなき向上心だと思います。


 児玉さんは、サブ3を達成したのちにお二人のお子様を出産され、その後の育児期間中なども含めるとその都度数年単位でのブランクが空いています。


 皆様もお分かりになるかと思いますが、長距離走というのはブランクが空くと難しい競技です。持久力というのはつきにくく、そして落ちやすいのです。球技であれば、経験者は何年か経っても素人と比べればうまいものですが、長距離走に関しては、かつて競技者としてやっていた人でも、数年空けば素人同然までパフォーマンスは落ちてしまいます。


 児玉さんは、サブ3を達成した時は働きながらも月間400㎞近く走るという、非常にタフなトレーニングをされていましたが、そうであってもその後のブランクがそれだけ空いてしまうと体力の低下は免れないでしょう。


 それでも、一人目のお子様の育児がある程度落ち着いて走り出し、一度は3時間4分まで戻されました。これはサブ3までまた復帰できるかなと思いながらも、二人目のお子様の出産・育児によりまたブランクが空いて、そこから4年ほど完全休養という形になられたそうです。


 そして現在は看護師資格の取得を目指して、看護学校に通いながら育児もしながらブランクを取り戻すトレーニングをしているという、まさにイーロン・マスク顔負けの多忙の中で日々取り組んでおられます。


 そんな児玉さんが、サブ3を達成できた要因は何だったのか、そして、ブランクがそれだけ空いて今走り出しているわけですが、また元より高いところまで戻すにあたって心がけていることは何なのか、インタビューしてきました。