top of page

LLLTと一緒に使うと良い2つのもの

 こんにちは、ウェルビーイング池上です!今回はLLLTと一緒に使った方が良い2つのものを紹介します。要するに、一緒に使うと相乗効果を生む2つのものです。


ハチミツ

1つ目は、はちみつです。はちみつは昔から殺菌効果があるということで有名です。そのため古代よりはちみつはやけど、切り傷、擦り傷で使われてきましたが、近代に入ってからの研究でもハチミツの抗菌作用が証明されています。


 昔はこの殺菌作用がどこから来るかはわかっていなかったのですが現在ではH202(ハイドロゲンペロキシド)だということが分かっています。そして生はちみつの方がこのハイドロゲンペロキシドを多く含んでおり、殺菌作用が強いと言われています。はちみつの殺菌作用は吸湿作用が高いと言われており、この吸湿作用はバクテリアから水分を奪って不活化するということであり、更にpHが低く、菌が増殖するのを防ぐ効果もあります。ある実験ではやけどの手当てに生はちみつを塗りこむと、サルファジアジン銀軟膏(やけどの軟膏)よりも治療効果があったとの報告もあります。


 そして、2018年にデリで行われたネズミを用いた動物実験では、LLLTの照射のみのグループとLLLTとハチミツを組み合わせた対照実験が行われました。LLLTとハチミツを組み合わせた方のグループはLLLTの照射前に直接やけどの箇所にはちみつをすりこみます。その研究では、はちみつをLLLTの照射前にすり込んだグループでは治りが早く、さらに痛みも少なかったとのことです。一応この研究チームでは、「ハチミツとLLLTの組み合わせはやけどの治癒過程を優位に早める」と結論付けています。


 はちみつが治癒過程を促進させる理由は抗菌作用だけではなく、はちみつに含まれる良質なグルコースが治癒過程に必要なATPと二酸化炭素の産出量を増やすからだとも言われています。ATPというのはアデノシン三リン酸のことです。人間が生命活動を維持するうえで常にエネルギーを生み出しているのですが、このエネルギーはアデノシン三リン酸がアデノシン二リン酸(ADP)へと分解されるときに生み出されます。そして、人間の体に備わっているアデノシン三リン酸の数は非常に限られており、アデノシン二リン酸とリン酸に分解されたものは素早くアデノシン三リン酸へと再合成されなければいけません。ですから、アデノシン三リン酸の産生量が多くなるというのは、端的に言えば、元気になるということなのですが、実はLLLTが様々な病気や痛みの治癒過程を促進させるのも照射箇所のATPの産生量を増やすからです。これと同じことがはちみつで行われるのであれば、当然この組み合わせは非常に有効なものとなるでしょう。


ココナッツオイル

 はちみつとともに相乗効果を発揮するのがココナッツオイルです。ココナッツオイルにも様々な抗菌作用や抗バクテリアの作用があり、傷の治療に良いとされています。傷ついた組織にココナッツオイルを塗りこむと代謝に必要な飽和脂肪酸がより、傷ついた組織の修復が早まり、はちみつ同様、傷の治りが早くなることが証明されています。そして、ココナツオイルを患部に塗り込んでからLLLTを照射することで、相乗効果を発揮し、炎症反応を抑え治癒過程を促進することが研究で分かっています。


 はちみつもココナッツオイルも直接塗り込むのではなく、経口摂取でも効果があるそうです。私自身はLLLTとの組み合わせという観点からではなく、前から健康のために生はちみつとココナッツオイルは適宜使用しています。中には高すぎて買う余裕がないという方もいらっしゃると思うのですが、iHerbというサイトである程度まとめ買いをすれば全然高くないです。私はサプリメントやこの手の健康食品はiHerbで買っているので、もし良ければ下記のリンクよりアクセスしてください。


 最後に私のブログなどを読んでLLLTを購入してくださった方の大半がランニング障害や日々のコンディショニング(トレーニングからの回復の促進)、睡眠の質の向上を目的に使われていると思います。私もそのうちの一人というかLLLTの大ファンです。ですが、この機会に傷ややけどの治療に使えるということも知っていただきたいなと思っています。実際、ナイフで切ってどんどん血が流れている状態でLLLTを照射すると20分後にはもう傷口がふさがったとのお声もいただいています。ホンマかいなと思わなくもないのですが、傷の修復が早くなり、傷跡も残りにくいです。特に顔の傷は痕を残したくないものだと思います。是非、使ってみてください。


LLLTにはほかにも


・疲労の回復が早くなる

・睡眠の質が上がる

・故障の治りが早くなる

・骨密度が増える

・関節炎の治癒促進

・認知機能の向上

・鬱の緩和

・ニキビの消失

・育毛効果

・男性ホルモンが増える

・鎮痛

・脂肪燃焼


などの使い方が出来ます。詳しくは『詳説LLLT』という小冊子の中で解説していますので、ご希望の方は下記の問い合わせページに『詳説LLLT』と記入して送信してください。


 現在クラウドファンディングを実施しております。こちらに協力してくださった個人スポンサー様のお名前を書かせて頂きます。


小西光治様


様々なリターンをご用意しておりますので、是非ご確認ください↓↓


閲覧数:75回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:36:14(2024)

bottom of page