top of page

長距離ランナーの鉄欠乏性貧血の対処法


こんにちは。

先日の大阪マラソンでは応援メッセージなど頂きまして、本当にありがとうございました。結果は2時間19分43秒で12位と全くやりたかったレースは出来ませんでした。レース展開としましては、初めの数キロは先頭集団をリズムを作るのに使わせてもらい、その後自己ベスト更新、上位入賞、日本人トップを目指し、安定して3分10秒前後のラップを刻みながら24㎞まで行きましたが、徐々に重くなった足が動かなくなり、25キロ以降大幅に失速2時間19分という結果になってしまいました。5キロごとのラップタイムは以下の通りです。

15:26

15:35

15:51

15:54

16:01

17:40

18:00

17:35

7:41

結果は勿論、満足いくものではありませんし、最後の最後まで自己ベストの更新やせめて日本人トップは出来るようにと常に確率が高いと思える選択を練習から日常生活から、レース当日までしてきたつもりです。しかしながら、終わって客観的に振り返って率直に思ったことは「良くやったな」という気持ちでした。最終的には足が重くなり後退しましたが、今までのどのマラソンよりも呼吸が楽なレースでこのまま最後まで行けるのではないかとも思いました。レースの直前まで貧血に苦しみ、棄権しようとも思っていただけに体はその時の力をよく振り絞ってくれたと思います。

言い換えれば、それだけ悪い状態まで自分で持って行ってしまっていたということです。レースの5週間前に貧血が判明してからの行動は概ね正しかったと思います。そこまで悪い状態まで持っていってしまった自分のミスですが、今回は貧血の治療に取り組み始めたレース5週間前からレース当日までを振り返ることで、同じように貧血に悩む人の参考になればと思います。

鉄欠乏性貧血

先ず、レース5週間前の血液検査の結果ですが、ヘモグロビン、赤血球、血清鉄は全く問題がありませんでしたが、フェリチンのみが異常に低く12ng/mlという値でした。フェリチンは貯蔵されている鉄の量を示す値です。血液検査では血漿中のフェリチンの数を調べますが、本来は骨髄に貯蔵されています。血漿中のフェリチンが20ng/mlを下回ると、骨髄に貯蔵されている鉄はほぼ枯渇しているという見解の研究者もおり、持久系スポーツをやるにはかなりきつく、私の場合は日常生活からだるさや眠気を感じていました。私の場合は、貧血ではなく、風邪をこじらせたのではないかと思えるような感覚がずっと続いており、感染性の病気にでもかかっているのではないかと思っていました。感覚としてはそのような感じです。

フェリチンの値がどのくらいになれば競技に悪影響を及ぼすかということですが、若干の個人差があり、50ng/mlを下回れば競技力が低下し