top of page

マラソンと自我


1.自我とは何か

大学時代、哲学・倫理学ゼミに所属していた私は自我とは何かということについて考察していたことがあります。当時は自我の考察がマラソンと関係あるとは思いもしませんでしたが最近になって自我というものを理解することが競技にとっても重要であるということに気付きました。皆さんはそもそも自分とは何だろう?何をもって自分というのだろう?と考えたことがあるでしょうか?「自我とは何か」という問いは「何をもって自分は自分といえるのだろうか?5歳の時の自分と現在の自分が同じ人物だと言える根拠はどこにあるのだろうか?」という問いのことだと思っていただいて構いません。

 この問いに対する答えは「私はマラソンランナーである」、「私は弁護士である」、「私は高校の先生である」というような答えではあり得ません。このことは次の例を考えてもらえればわかります。例えば、結婚を目前に控えた花嫁に「彼のことどうして愛してるの?」と聞いたとします。この時、花嫁が「高身長で高学歴で高収入だから」と答えたらどう思いますか?直感的に「それは愛ではない」といいたくなりませんか?結婚する理由には充分なりえますが、愛している理由にはなりがたいように思われます。

何故愛している理由になりえないかという問いに対しては次の二つが考えられるでしょう。一つ目は彼が高身長、高収入、高学歴のどれかの条件を満たしていなければもはや愛さないことを意味するから、二つ目は高身長、高学歴、高収入なら他の誰かでもよかったことになるからです。

 このように「身長が高い」、「東京大学出身だ」、「外務省で働いている」、「日本人だ」、「優しい」などなどのその人に帰属する性質のことを属性といいます。自我が属性ではないことは確かです。私は日本人ですが、日本人は私ではありません。私はマラソンランナーですが、別の時には家庭教師をしたり、オラという宿泊施設で働いたりしていました。ある人から見れば私は優しいですが、他の誰かから見れば私は冷たくて自分勝手で自己中心的な人間です。それがどのようなものであれ、属性は自我とはなりえません。

では「マラソンランナーである」、「身長167㎝である」、「京都府亀岡市で生まれた」、「洛南高校、京都教育大学の出身である」、「漫画は『ゴルゴ13』」が好きである」などの全ての属性の集合体が私でしょうか?それも違います。何故なら、現在私はドイツ人ではありませんし、過去にもドイツ人であったこともありませんが、例え国籍がドイツ人になっても私は私だからです。マイケル・ジャクソンのように肌の色を変えてもやはり私は私です。大学時代のゼミの先生と話していた時、「属性が自我ではないとしても、属性をすべて取り除いてしまうと超越論的統覚のようなものしか残らない」と言われたことがあります。実は私は長距離走において、適正ペースを掴むことが出来るのはこの超越論的統覚のお陰だと思っています。先ずは超越論的統覚について解説しましょう。

2.超越論的統覚とは何か

 今私は長野県の富士見高原でこの記事を書いています。周りを見渡してもここが長野県の富士見高原であることを示すものは何もありませんが、私はここが長野県の富士見高原であることを知っています。また3日前には大阪にいて、それから東京に行って、埼玉県の久喜市に行って、長野県の富士見高原に戻ってきたことも知っています。決して埼玉から大阪、大阪から長野、長野から東京ではありません。しかしながら、今周りを見渡してみると、2日前に東京にいたことも昨日の午前中埼玉県の久喜市にいたことを示すものも何もありません。ではなぜ私は時間的にも空間的にも異なる経験を一つの話の筋で語ることが出来るのでしょうか?

 カントはこの時間的、空間的に異なる出来事に統一を与えるような主体のことを超越論的統覚と呼びました。我々はこの超越論的統覚のお陰で朝起きてから歯を磨いて、家を出たという風に時間の流れを語ることが出来ます。また自分の家ならわざわざ後ろを振り向かなくても何が後ろにあるか言えるでしょう。それはさっき見たものと今見ているものとの間に統一を与えることが出来るからです。

 私は長距離選手が適正ペースを掴めるのもこの超越論的統覚のお陰だと先述しました。運動生理学の分野は戦後ずっと発展し続けています。近年では理論が発展しているというよりも計測機器の発展が目覚ましく、血中乳酸濃度や心拍数が簡単に安価に計測できるようになりました。しかしながら、どのような計測機器を用いても研ぎ澄まされた感覚を持った人間の体以上に正確に適正ペースを教えてくれることは無いでしょう。何故なら、超越論的統覚のようにいくつもの異なる現象にほぼ時間差無しで統一を与えてくれるものはないからです。人間の体というものは物凄く複雑に動いています。血中乳酸濃度が同じでも、あるときはそのペースを維持できず、ある時はそのまま最後まで走ってしまうでしょう。何故なら血中乳酸濃度はあくまでも一つの要素にすぎず他にも筋損傷、心拍数、中枢神経の働きなど様々な要素があるからです。

しかしながら、超越論的統覚はそれらを統一してある一つの感覚を我々に与えてくれます。それは言葉では表すことのできない感覚です。言葉で表すことが出来ないというよりは言葉で表現する前の感覚です。「きつい」という感覚は「きつい」という言葉にした瞬間、人間がその感覚に対して「きつい」という判断を下したことになります。更に「きつくてこのままペースを維持することはできないから、ペースを落とそう」と思えば、判断に加えて推論を働かせたことになります。

近年は「超越論的統覚によって与えられる端的なある感じ」という不確かで言葉で伝えることのできないものに注意を向ける代わりに、物理的速度(1㎞何秒ペースか)、心拍数、血中乳酸濃度のようなものが正統な位置を占めるようになっています。しかしながら、適正ペースを掴むことは「超越論的統覚によって与えられる端的なある感じ」に注意を向けることから始まります。このような言葉にすることのできないものを他人に伝えることは難しく、曖昧で時代遅れに感じられます。しかしながら、これをものにしない限り、長く安定して結果を残すことは不可能でしょう。これは私自身が痛感していることであり、失敗するたびに学んでいくことでもあります。

3.再び自我とは何か

 ではこのような超越論的統覚が自我でしょうか?それも違います。結婚式を目前に控えた花嫁の例に戻ればそれは明らかでしょう。その人から属性を全部取り去った後の超越論的統覚のみを愛することが出来るでしょうか?もちろん不可能です。愛するどころかそれが誰なのか認識することすらできないでしょう。

 では自我とは何でしょうか?私の答えは二つあります。それは記憶と意識です。この答えにたどり着いたのは知り合いの二歳児の息子さんを見ていた時です。不良であろうと、出来損ないであろうと、世間知らずであろうと、いわゆるまっとうな道を歩まなかったとしても、たいていの親にとって子供は可愛いものです。それは1歳、2歳、3歳、4歳とその子を育ててきた、その子の成長をずっと見守ってきた記憶の中にあるのではないかと思いいたりました。逆に言えば、少し残酷な話ですが、記憶喪失や認知症になった人はたとえそれが自分の息子でも素直に愛することは難しいのではないでしょうか?逆にたとえ生物学上は自分の子供ではなくても、1歳の頃から自分の子供として育ててきた子供は生物学上の自分の子供と何ら変わりがないのではないでしょうか?

 二つ目