top of page

ただの“橋渡し”から抜け出した2時間32分ランナーが公開する、想像すらできなかった“憧れ”を現実にした道のり

更新日:3月31日

 

 想像してみてください。

 

 来年の今頃には、今のフルマラソンのベストタイムから30分〜1時間短縮できている姿を。

 

 先日のレース中のスライドですれ違った、上位集団で颯爽と駆け抜けるあのランナー達と同じグループで走れていることを。

 

 今のあなたの5kmの全力のタイムが、数年後にはフルマラソンのペースになっていることを。

 

 実は、これらは全て私がこの数年で体験した事実なんです。1年3ヶ月前から今にかけて、マラソンのタイムは3時間16分から2時間32分に44分もジャンプアップしました。

 

 1年3ヶ月前に走った神戸マラソンで、はるか前方にすれ違ったランナーを、直近の大阪マラソンで置き去りにしてゴールしました。

 

 約4年前、8年間のブランクを経て5000mのタイムトライアルをして出したタイム(18分30秒)よりも、速いペースがフルマラソンペースになりました。

 

 繰り返しになりますが、これらは全て実話です。そして、これは私に限った話ではなく、あなたにも起こりうることだと思っています。なぜなら、私は元プロでも何でもない市民ランナーであり、その私が達成したストーリーだからです。

 

 もちろん、ここに至るまでにたくさんのことを学んで実践してきました。その過程の中で一つ言えるのは、やっぱり「正しい努力」は報われるということです。今日は私がマラソンの記録を44分も伸ばすことができたこの1年3ヶ月間で、どういうステップを踏んできたのかをお話しさせてください。