top of page

無念無想の境地とはどのようなものか?


こんにちは、池上です!

 今回はスポーツ選手がたまに入るとされる無念無想の境地について書いてみたいと思います。私がレース前に無欲になることの重要性に気づいたのは中学校の時でした。私は昔からアガリ症でした。小学生の時は、野球をやっていたのですが、バッターボックスに入るときは緊張でお腹が痛くなり、脚が震えました。バッターボックスに立ちたいのに、逃げ出したい、そんな気持ちでした。そして、試合では思うように力が発揮できませんでした。


 そして、自分の力が発揮できるときはどのような時かというと自然体の時でした。私の場合は、気づいたら体が反応していたという時の方が良い結果に繋がりました。27歳になった今でも、いくつかのヒットや守備での好捕を覚えています。ピッチャーが投げる、体が自然に反応してバットが出る、無我夢中で走ってホームに滑り込む、ランニングホームラン、そこで我に返る、そんな思い出が27歳の今でも鮮明に脳裏に浮かべることができます。


 ただしこの時の自然体というのは脚が震えるほどの緊張感の向こう側にあるもので、いわゆる余裕をかましている訳ではないのです。脚が震えて、バットを持つ手が震える、でもバッターボックスに入って投手が投球動作に入ると、スッと雑念が消えて体が自然に反応する、こういう状態でした。


 中学校に入って駅伝をやるようになってこういう状態が意識的に作れないかなといつも思っていました。色々な試行錯誤をしても、なかなか作れませんでした。リッラクス状態を作ろうと思うと、なかなか燃え上がらないんです。燃え上がらないから試合にも入っていけない。体が自然と反応するような状態にはなりません。そうかと言って、意識的に集中しようと思うとやっぱり入れ込むがために「負けたらどうしよう」という雑念が頭をよぎります。誰しも経験があると思うのですが、重要な試合になればなるほど、逃げ出したくなります。目の前に大きなチャンスがあるし、本当に誰かからこのチャンスを奪われそうになったら、必死に抵抗するでしょう。それがわかっているのに逃げ出したくなります。


 そんな私が最高の心理状態を作れたと思うレースが中学校三年生の時の都道府県対抗男子駅伝の時です。この時、私の心にあったのは、2区を走る太田翔にだけは負けてたまるかということだけでした。私が太田を初めてみたのは小学校の丹波地区の800mの大会です。私は京都府亀岡市の出身、太田はその隣の南丹市園部町というところの出身です。確か800mを2分24秒かそこらで走っていたと思います。私は当時2分40秒くらいでしたから、まさに雲泥の差というやつです。


 中学校一年生の時の京都府中学駅伝では太田が9分33秒で、私が9分54秒、中学校3年生の時は太田に何度か迫ることは出来ましたが、全く超えられませんでした。何せ向こうは全中で7番に入る実力の持ち主で、私は全国大会はおろか近畿大会にも出られませんでした。地区駅伝、京都府駅伝の1区でも勝負しましたが、完全に力負けでした。


 そして、この都道府県対抗男子駅伝では太田は各都道府県のエースが集まる2区、私は6区でした。私の心は燃え上がっていました。ちょっと失礼ですが、6区に来る選手は太田よりも格下の選手達です。こんなところで負けてたまるか、太田に絶対勝つんや、太田よりも目立つんやと寒空の広島の空の下で燃え上がっていました。


 でも、私は試合が近づけば近づくほど、気持ちが落ち着いていきました。というよりも落ち着かせました。力みが生まれると上手くいかないことを知っていたからです。特にこのときはまさに「いきり立つ若武者」そのもので、前日刺激の1000mも2分50秒で行ってしまっていました。私もはじめの1キロで2分55秒を切ったら上手くいかへんぞと思っていました。それに2kmまでは力を抜いていかないと、スパートもかかりません。イメージとしてはラスト600mから切り替えて、ラスト400mでもう一段階のペースアップというイメージでした。そこまで抑えていかないと、スパートが切れません。


 レース前の数時間で「人生意気に感ず、功名またたれか論ぜん」と何度つぶやいたかしれません。人生意気に感じて思い切ってやったのなら、誰がその結果をとやかくいうだろうかという意味の言葉です。私は結果から離れることで、集中状態を作りました。結果は区間賞での自己ベスト(8分51秒)でした。人生で初めて太田よりも目立った瞬間でした。ちなみにこのレースの後、私は灰になりました。持てるものを全て出し切って、帰りの荷造りですら、何をどうやれば良いかわからない状態でした。そのくらい集中し切りました。


 今から思ってもあの時は欲から入って欲から離れることができました。最高に近い心理状態だったと思います。


 ちなみにこの駅伝で京都府代表で一区を走ったのが今大阪ガスにいらっしゃる今崎俊樹さんです。今崎さんと私は洛南高校の先輩後輩ですが、入れ違いなのであまりお話を伺うことは出来ませんでしたが、今崎さんの一つ下の天野健太さんからこんな話を聞きました。今崎さんは国体少年Bのチャンピオンなのですが、やはりその今崎さんが国体の時は無になれたとのことでした。そして、今崎さんもやっぱりレースの後は灰になる、もう動けないとのことでした。やっぱりそういうもんかと納得しました。


 強い選手はだいたいみんな我が強くて、個性派キャラなのですが、今崎さんはその中でも超個性派キャラでした。高校時代はさすがに、顧問の中島道雄先生という閻魔大王様みたいな存在がいたので、まだ控えめでしたが、立命館大学に行って閻魔大王様の手から離れると、もう手がつけられなくなりました。一時期は立命館の長距離のコーチとウマが合わず400mのレースとかマイルリレーのレースによく出場されていました。


 大学生ながら日本選手権で3位に入るほどの実力だったので、関西インカレでは無敵の4連覇、無双の強さってこういう人のこというんだなと思いました。もちろん、今崎さんのことが嫌いな人もたくさんいたのですが、それをどこ吹く風と必殺スパートでなぎ倒していきました。今崎さんの1個下で私の2つ上の丸尾知司さん(現愛知製鋼、世界選手権50km競歩5位)は同じ国体チャンピオンなのですが、正反対の性格で丸尾さんの悪口をいう人を聞いたことがありません。みんなから慕われ、応援される方です。


 これは私の想像ですが、今崎さんのあの絶対的な集中力は、あの強い性格とそれを通り越したところにある無心だったのではないでしょうか?今崎さんはビッグマウスでも有名でした。実力もすごいのですが、口の方はもっと大きかったです。なにせ1500mで日本人が3分30秒を出すことは非現実的なことではないと言い切るくらいです。でも、本人はそうやって自分を奮い立たせていたのではないでしょうか?私もそうなのですが、言い訳をしない、退路を断つことほど自分を奮い立たせるものはありません。どんな