top of page

ブレない走りと綺麗な体を手に入れたいあなたに緊急案内!!

 今日は単刀直入に用件を先に書かせてください。あなたは「ブレない走りと綺麗な体」を手に入れたいと思いますか?もう少し質問を変えてみましょう。


 今全国高校駅伝や全日本大学駅伝を目指したり、実業団で走っている選手の中で、腹筋や背筋などのいわゆる補強運動をやっていない選手は皆無です。何故、彼らが走る以外のトレーニングにも取り組むのか、そして、どうすれば綺麗な体を作れるのか知りたいですか?今回は知りたいという方のみこのまま続きをお読みください。


 今回私がお届けするテーマのメインはモテボディを作ることでも、美ボディを維持することでもなく、効率よく前に進むために上半身と下半身を連動させて前方への推進力を生み出すためのランナーの為の筋トレです。ここがメインなのですが、実はこれをやると結果的に、勝手にモテボディ、美ボディ、若ボディが手に入ってしまうのです。勝手にです。


 そもそもの話をすると、実は引き締まった体を作りたくて走る人は多いのですが、引き締まった体を作る、モテボディを作る、美ボディを作るという観点からは、必ずしもランニングは効率が良いとは言えないのです。確かに実業団や高校、大学で活躍する長距離ランナーは引き締まった綺麗な体の選手が多いです。浪速の腹筋女王松田瑞希さんなんかはその最たるものでしょう。


 しかしながら、長距離やマラソンで活躍する選手というのは例外なく、体幹補強やウェイトトレーニングなどの基礎体力作りに励んでいるものなんです。もちろん、私の現役時代も例外ではありませんでした。走ると全身の色々な筋肉が鍛えられることも事実なのですが、やっぱりそれ以外の体幹補強、ウェイトトレーニングをした方が走力は向上するんです。


 その理由は単純で、人間の体には全てにおいて一般性と特異性の原理が働くからです。ここでは詳しくは説明しませんが、平たく言えば、底辺が広がると頂点は絶対に高くなるということです。ハンマー投げの室伏広治選手がプロ野球の始球式で130kmの速球を投げたことで話題になりました。室伏さんは握力も測定不能、立ち幅跳びでは3m60cmという伝説の身体能力をお持ちなのですが、こうした身体能力がオリンピックでの金メダルを支えたことは言うまでもありません。


 要するに、最終的にはハンマー投げならハンマー投げという種目に特化しないといけないんだけれど、基礎的な身体能力は高ければ高いほど有利だということです。ちなみにですが、モスクワの世界選手権で50キロ競歩5位に入られた丸尾知司さんは私の洛南高校陸上競技部時代の二つ上の先輩なのですが、手押し車が伝説級に凄かったです。


 手押し車というのは、二人一組になって一人が後ろから足を持ち、もう一人は手だけで進んでいく補強運動(筋トレ)なのですが、普通の部員は30m5本だけでもきつかったのが、丸尾さんはそれを平気で300mとか連続で手で歩いておられました。やったことがない方は是非やっていただきたいのですが、物凄く強靭な体幹と腕の力がないと出来ません。