top of page

【洛南高校大先輩を訪ねて】元・国体2位の幅跳び選手が、マラソンランナーへ転向していた件

 ティラノです。


 今回はYouTubeチャンネル・らんラボ!にて、これまでとは全く異なる趣の対談動画をお届けします。


 これまで色々なところで言ってきた通り、私と弊社代表の池上は京都の洛南高校という学校の出身で、その洛南高校というと男子100mで日本人初の9秒台をマークした桐生君や、最近だと男子3000mSCで19歳という若さで東京五輪7位入賞というこれまた日本人初のこの種目入賞という偉業を果たした三浦龍司君、はたまた現役生もとんでもなく強く、今季1500mと5000mの2種目で日本高校記録を更新した佐藤圭汰君など、もうとんでもない陸上強豪校です(現在日本高校記録の確か半数近くが洛南高校生の記録だったと思います、、、)。


 そして、そんな洛南高校ですが最近ポッと出で強くなったわけでもないことはご存じの方も多いと思います。なにしろインターハイ京都府予選の学校対抗の総合得点では、40年以上優勝を守り続けているくらいの文字通り「古豪」であり、そして現在もなお強くあり続ける強豪なのです。


 と、いいながら私自身は全く大した選手でもなんでもなかったので、書いていて情けなくさえ感じてきますが、やはり実際中にいるとそう思ってしまうくらいすごい才能がゴロゴロいるのが洛南陸上部。


 そして、今回はそんな脈々と受け継がれる陸上強豪校・洛南陸上部で、かつて走り幅跳びで日本一を目指して3年間を走り抜け、結果国体準優勝まで上り詰めたという我々の大先輩・波多野隆司さんと対談をさせていただきました。


 波多野さんは高校時代は将来を嘱望されたジャンパーだったのですが、大学進学後は筋断裂で競技引退を余儀なくされ、その後は運動からは一切離れた生活を送っていました。しかし、35歳になったことを機に「ここ10年くらい何かにチャレンジをするってことをしてこなかったな」と、一念発起してあえて苦手だったマラソンにチャレンジされ、その後故郷である兵庫県丹波篠山市を拠点とする、100名規模のランニングチームを立ち上げ多くのランナーへランニングのきっかけをつくり、そして極めつけは篠山の子供たちに生のオリンピアンをみせてやりたいという思いから、篠山市長を口説き落としてなんと東京五輪400m男女チャンピオンを擁するバハマ代表チームの誘致を成功させた行動力の持ち主です。


 今回はそんな波多野さんに、まさに昭和の部活感満載の当時の洛南高校の練習や文化、そして引退後のチャレンジについて、お話を伺ってきました!ぜひ下記よりお楽しみください!




※上記動画はYouTube用にかなり編集してカットしています。無編集のフルバージョンは、下記URLよりどうぞ!




追伸

動画、電子書籍などプロの知識と経験をあなたにインストールできる約100時間分の講義がここに!! ​プロの知識と経験を使って超効率的努力を実現し、練習時間、負荷、質を大幅に増やすことなく長距離走・マラソンが劇的に速くなる!!


弊社ウェルビーイング株式会社の全コンテンツが2年間使い放題!1年後にはあなたの走りを劇的に変えるランニング大学は、通常月額8000円のところ、現在先着100名様限定で月額5000円にて新規受講生様募集中です!

詳しくは下記フォームよりお進みください。

閲覧数:58回0件のコメント

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:32:18(2024)

bottom of page