top of page

超音波とLLLT


私のサイトで何度かおススメしているLLLTと治療院などでよく使われている超音波の使い分けについて質問がありました。ここで簡単に、LLLTと超音波の効果について述べます。

LLLTの効果は次の3つです。

  1. 消炎

  2. 神経ブロック

  3. 筋芽細胞と骨芽細胞の成長の促進

対する超音波の効果は次の3つです。

  • 血流の促進

  • 振動によるマッサージ効果

  • MSMクリームやプロロジェルなどジェルタイプの薬を深部まで浸透させること

LLLTに関しては既に過去記事のLLLTでかなり詳細かつ簡単にまとめてあります。私もいろいろと自分で調べてみましたが、日本語で書かれている文献の中では少なくとも執筆時点では私の記事が一番LLLTについて詳しく書いてあると思います。

超音波に関しては、色々なところで使われていますが一番のメリットは人間の手では絶対に作り出せない振動数を生み出すことが出来ることです。音が空気の振動であることはみなさんご存知だと思いますが、そのうちでも波長が長すぎたり短すぎたりしたりして人間には認識されないものが超音波です。超音波治療器の場合、ほとんどが1MHzか3MHzを用いていますが、1MHzというのは1秒間に100万回の振動が起こる周波数です。この振動を組織の深い部分に届けて治療するのが超音波治療器です。イメージとしては体内に微小なバイブレーターを入れて細かい振動を起こし、マッサージしているような感じでしょうか。

もう一つは超音波を利用してバンテリンやMSMクリームなどのジェルタイプの薬品を置くまで浸透させることが出来ることです。私にとってはこれが最も重要です。

さて、具体的な使い分けに関して私がどうしているかということですが、私は基本的にLLLTを使っています。LLLTの一番のメリットは副作用がないことです。私は以前に急性期の炎症に超音波を用いて悪化させてしまったことがあります。周期を100%にしていたのが誤りで30―50%程度に設定していればそこまで悪化しなかったと思うのですが、いずれにしても超音波の基本的な考え方は温熱治療ですので急性期の炎症にはあまり適しません。周期が100%というのは連続的に超音波を発し続けているということで、50%というのは時間は超音波を発している時間と超音波を発していない時間が半々という意味です。急性期の痛みを抱えている場合には50―20%の周期を用いなければいけません。

この点、LLLTは熱を加えずに組織の生まれ変わりを促進してくれるので急性期の炎症にも使えますし、炎症反応による過剰な痛みも抑えてくれます。

また、LLLTはのどの痛みや鼻炎、アトピーなどの一般的な病気や美容効果にも使われており、守備範囲の広さもメリットの一つです。私はケニアでお腹の調子がよくないことが多かったのですがそ