top of page

世界チャンピオン25人、オリンピック金メダリスト4人を育て上げたコーチ、ブラザーコルムのトレーニング

私が跳んだのはケニアはイテンという人口たった4000人の小さな町にある聖パトリック高校、ここにはアイルランドの宣教師として、陸上経験なしという状況から偶然陸上部の顧問を任されることになって以来45年間で世界チャンピオン25人、オリンピック金メダリスト4人を育て上げたブラザーコルムがいる。そんなブラザーコルムの選手たちと一緒に練習させて頂いたのは、15年間の競技人生の中でも「おお、そんな練習の仕方があったか」と目から鱗が落ちる内容。その内容は?動画の中でご覧ください。




ブラザーコルムのトレーニングについてもっと学びたい方のために「世界チャンピオン25人、オリンピック金メダリスト4人を育て上げたコーチブラザーコルムのトレーニング」というコンテンツをご用意しています。


こちらのコンテンツには以下のものが含まれています。


・ブラザーコルムのトレーニングレシピ


・デイヴィッド・ルディシャ(800mオリンピック金メダリスト、世界記録保持者)の世界ジュニアで優勝する前のトレーニング


・ブラザーコルムの6つのトレーニング原則


・ブラザーコルムのジュニアアスリート(14歳から18歳)のトレーニング


・オーガスティン・チョゲ(5000m12分56秒)、イサック・ソンゴク(5000m12分52秒)の4週間のトレーニング


 私があなたにブラザーコルムのトレーニングを学んでいただきたいかというと応用しやすいからです。一回当たりの練習時間も比較的短く、そして何よりも特別な練習はそれほど多くありません。私のところにも「一人で追い込めない」というお悩みをたくさんいただくのですが、一回一回の練習で何か特別なことをしなくても、上手く練習をバランスよく組み合わせることで速くなれます。今回はそんな世界を代表する魔術師のトレーニングを下記のURLより是非学んでください。たった500円でご覧いただけます。

閲覧数:51回0件のコメント

関連記事

すべて表示

ハーフマラソンが速くなるための5つの運動生理学的観点

突然ですが、あなたはハーフマラソンが速くなりたいと思っておられますでしょうか? 私が聴きたいのは「ハーフマラソンを完走したいのか」それとも「ハーフマラソンが速くなりたいのか」ということです。もしも、後者であるならば私と立場を一にします。ハーフマラソンという距離は距離に対する不安が顕著になる一番短い距離だと思います。 どういうことかといいますと、10000mや10キロのレースまでは練習で非常にコンス

Comments


ランニング書籍

講師紹介
​ウェルビーイング株式会社代表取締役
池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

​ウェルビーイング株式会社副社長
らんラボ!代表
深澤 哲也

IMG_5423.JPG

経歴

中学 京都市立音羽中学校

高校 洛南高校

↓(競技引退)

大学 立命館大学(陸上はせず)

​↓

大学卒業後

一般企業に勤め、社内のランニング同好会に所属して年に数回リレーマラソンや駅伝を走るも、継続的なトレーニングはほとんどせず。

2020年、ウェルビーイング株式会社の設立をきっかけに約8年ぶりに市民ランナーとして走り始る。

感覚だけで走っていた競技者時代から一変、市民ランナーになってから学んだウェルビーイングのコンテンツでは、理論を先に理解してから体で実践する、というやり方を知る。始めは理解できるか不安を持ちつつも、驚くほど効率的に走力が伸びていくことを実感し、ランニングにおける理論の重要性を痛感。

現在は市民ランナーのランニングにおける目標達成、お悩み解決のための情報発信や、ジュニアコーチングで中学生ランナーも指導し、教え子は2年生で滋賀県の中学チャンピオンとなり、3年生では800mで全国大会にも出場。

 

実績

京都府高校駅伝区間賞

全日本琵琶湖クロカン8位入賞

高槻シティハーフマラソン

5kmの部優勝 など

~自己ベスト~

3,000m 8:42(2012)
5,000m 14:57(2012)
10,000m 32:24(2023)
ハーフマラソン 1:08:21(2024)

​マラソン 2:36:14(2024)

bottom of page